IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
ライフスタイル
2016.11.11

実は日本以上に進んでいる? おとなり韓国のIT事情
「Korea IT EXPO 2016セミナーレポート」~前編~

BY

2016年11月8日(火)、グランドプリンスホテル新高輪において、おとなり韓国の行政機関である「未来創造科学部」の主催、そして“kotra”こと日韓両国間の貿易・投資振興をはかる韓国政府機関「大韓貿易投資振興公社」の主管による「Korea IT EXPO 2016」が開催された。

その中で「韓国 IT 最新動向」と題し、ITジャーナリストで東京大学情報学環特任助教、KDDI総研特別研究員など多数の肩書を持つ趙章恩(チョウ・チャンウン)氏によるセミナーがあった。趙氏は韓国IT情報の専門家として数々のセミナーやフォーラムに講師として参加している。

趙氏の解説は「韓国は今」をテーマに、現在の韓国におけるIT事情を余すことなく伝える内容になっていた。かなりのボリュームとなってしまったので、前編・後編に分けてお伝えしよう。

ブロードバンド化が早かった韓国

ブロードバンドという言葉が使い古されるようになって久しいが、世界的に見て最も早い時期にxDSL回線を普及させ、高速なインターネット回線を広めたのが韓国である。1990年代後半から2000年にかけ、当時の韓国大統領だった金大中氏の下で「サイバーコリア21」計画が策定され、情報インフラの策定、ベンチャー企業の育成を行い、ブロードバンド回線を普及させると同時に国民へのパソコンの普及を積極的に進めていった。

その結果、2000年代には、ほとんどの家庭がインターネットに接続し、パソコンを使ってさまざまなサービスを享受できるまでに急速に発展した。電子政府などと呼ばれる行政における電子申請サービスなどの普及、申請できる内容も、日本を抜き世界随一と言っていいだろう。一方、わが国はブロードバンドの普及は立ち遅れた感があるが、現在ネット接続の回線速度(ギガビット回線等)では、世界随一の速度を誇る。

ただ、高速インターネット回線の普及が早かった分、各種サービスなどにおいて韓国のほうが日本より進んでいる部分もある。そうした点を趙氏は紹介した。

ITジャーナリスト/東京大学情報学環特任助教/KDDI総研特別研究員趙章恩(ちょう・ちゃんうん)氏

あわせてお読みください

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。