IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.10

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第3回:電子黒板は黒板のIoTではない。

BY

電子黒板の使い手は少ない

教育関係者なら一度は耳にしたことがある「電子黒板」。皆さんはご存知でしょうか。

電子黒板(インターネット塾アオイゼミ所有)

電子黒板をつかった授業。ネット塾だけあって巧く使いこなしている。

10年以上前に登場し文部科学省なども活用を推進しているにもかかわらず、まだまだ「見たことがない」という方も多いでしょう。参観日、学校見学などで教室を訪れても電子黒板を使っているシーンをほとんど見かけません。

多くの教員が「普通の黒板」で授業をしていますね。かく言う私も「もし教室に『普通の黒板』か『電子黒板』どちらか1台だけ置くとしたら、どちらがいいですか?」と問われれば「普通の黒板」と即答するでしょう。

これにはいくつか理由があります。まずは大きさの問題。デジタルディスプレイの大きさに限界があるため、最大でもまだまだ60インチ程度。それ以上の大きさになると学校の予算では、なかなか買えないほど高価になります。その程度の大きさでは授業を行うのに十分な情報量を画面上に出すことは難しく、相当な工夫が必要になります。

つづいてデジタルであることの問題。一般的な電子黒板とは「パソコン」「ディスプレイ」「位置センサー」「専用ペン」などデジタル機器の複合体です。それらのいずれか1つが不調になるだけで電子黒板は機能しなくなり、授業ができなくなるのです。

動かなくなった場合、原因を特定するにも慣れていないと難しく、焦燥感が募ります。以前、電子黒板の授業をスタジオで撮影していたところ、パワーポイントのページが勝手に進むという異変が起きました。原因は照明の熱でした。

残念ながらこれでは教育現場には浸透しません。両方あれば「使い分け」が出来るのですが、片方だけの場合はやはり「普通の黒板」を選択する教員が多いでしょう。

つまり電子黒板が普通の黒板の代替にならない以上、これはIoTとは言えません。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。