IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.11.08

IoTとビッグデータがもたらす変革の時代が到来——Cloudera World Tokyo 2016基調講演

BY

 

サーモスタット製造会社はIoT、ビッグデータの解析から収益源を求めた

次の事例としてあげたのは、Nestというサーモスタットを作っている会社でGoogleが買収したことでニュースになった企業だ。家電やエアコンをサーモスタットにつなぎ、その人の生活パターンを学習することができる。これにより自動的に機器を制御させるという仕組みだ。

しかし、ただ機器がデバイスにつながっているだけではコネッテッドサービスの域を出ないが、何百万件ものデータを集めると話が変わってくる。生活パターンを学習しているので、都市全体で何時にどれくらいの電気を使うのかが分かってしまう。これは電気の需要予測に使えることになる。そこでNestは、電力会社にこのデータを販売するというビジネスを立ち上げる。

またNestのサーモスタットは、エアコンを自動的にコントロールできる。このため、付ける時間を少しずつ変えていけば、ピークコントロールができる。電力会社の側から見たら、ピークコントロールも重要で、かなりの設備投資も行っている。このためNestは、ピークコントロールの技術を利用することで、電力会社のコスト削減を提案していく。そして削減された金額を、利用者とNestに還元するというビジネスモデルを作った。

「サービスはサーモスタットから始まったが、収益源を電力会社のコスト構造に求めた。これを“第三者価値の発掘”と呼んでいるが、IoT、ビッグデータの解析がフルに活用されている。しかし大事なのは、こうしたデータを使ってビジネス的にまったく違う領域に活用したのがポイント」

Nestが行っているビジネスモデル

自らの事業領域と異なる市場から収益を確保したNest

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

先進の8Kと現実的なHDR10+、AIとオーディオの動向。「IFA 2018」で見たもの
NTTデータが深層学習の活用コンサル、学習データ整備からモデル実装・運用まで提供 | IT Leaders
アクロクエスト・第一工業・東洋電機、ディープラーニングによる物体検知AIを活用した搬送システムを共同開発
アスキー主催、先端IoT×ハードウェアテックの祭典 9月14日開催間近
自律走行車やコネクテッドカー時代に向け必要なもの
NEC、AI・IoTと顔認証のパートナーソリューション展示会を開催
日立とテンセント、IoT分野における戦略的提携に合意
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービス「O&M支援デジタルソリューション」を提供
IoT活用の現場と、マルチクラウドの市場トレンド
コネクテッドカーに求められる要素とは?
5Gを使った新ビジネスの共創を目指す「KDDI DIGITAL GATE」、東京・虎ノ門にオープン
企業の5G活用、IoT用途へ期待が高まる--IDC Japan調査
KDDI、5GやIoTのビジネス開発拠点を東京・虎ノ門に開設 パートナーや顧客と共創
GMOクラウドと三井住友海上、自動車向けIoTソリューションの販売支援で業務提携
AIやIoTを使った“未来の医療”への近道? MSが掲げる「病院がクラウド化するメリット」とは
5GはIoTへの活用が期待されている――IDCが国内ネットワークサービスの利用に関する企業調査結果を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。