IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.06.29

Amazon、Amazon Echo Spotの予約受付を開始
いよいよ日本でもスマートディスプレイの販売が開始される

BY

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は6月20日から、新たに同社の「Amazon Echoシリーズ」に加わる画面付きのスマートスピーカー、「Amazon Echo Spot」(以下、Echo Spot)の先行予約を受け付けている。

以前こちらの記事でも紹介したが、Echo Spotは海外では昨年末より販売されており、これから市場が盛り上がっていくと予想される「スマートディスプレイ」とも呼ばれる製品だ。

端的に言えば「画面の付いたスマートスピーカー」なのだが、画像や動画を表示できるからこその利点を持っている。

目覚まし時計のような形のEcho Spotが搭載している液晶はそう大きな物ではないが、Amazonの音声アシスタント「Alexa」を用いてできる全ての機能に加え、様々な情報やコンテンツを「見せる」ことができる。例えば買い物をする際など、スマートスピーカーと音声でやり取りするだけでは不安な場面も、画面があれば安心だ。

現在950を超えるAlexaスキルに加え、Echo Spotではスクリーンを生かした映像体験を得られる、新スキルを使えるようになる。例として、レストランの写真や情報を画面で確認して予約ができる「ホットペッパーグルメ」や、画面を見ながらレシピの提案を受けたり料理の手順を確認したりできる「DELISH KITCHENの簡単レシピ検索」などが挙げられている。他にもニュースや天気予報など、音声だけでなく画面でパッと確認できれば重宝しそうなスキルが提供される。

さらに本体にはカメラが付いているため、スクリーンを利用したビデオ通話やメッセージ、呼びかけ機能など、「Echo」シリーズの端末間やAlexaアプリ間でさまざまなコミュニケーションを楽しめる機能を提供予定とのこと。ネットワークカメラとの連携利用も可能だという。

カラーバリエーションは白と黒の2色で価格は14,980円(税込み)。7月26日より出荷開始予定だ。現在Amazonでは7月15日23:59まで、Echo Spotを2台まとめ買いすると合計金額から5,000円オフになるキャンペーンが実施されている。

今年は各社からスマートディスプレイの発売が予定されているが、日本でもAmazonが先陣を切る形になりそうだ。

カラーバリエーションは2色(画像はプレスリリースより引用)

また米Amazonは、現地時間7月2日より同社のタブレット端末「Fire」シリーズの「Fire HD 8」と「Fire HD 10」向けにソフトウェアアップデートの提供を開始すると発表している(※)。このアップデートを適用することで、Fire HD 8とFire HD 10をAlexa対応のスマートディスプレイとして使用できるようになる「Show Mode」機能が使えるようになるという。残念ながら現状日本での提供は未定だが、Alexa搭載端末普及の後押しとなるだろう。

いよいよ日本でも販売されるスマートディスプレイ。その「入門版」ともいえるEcho Spotは、日本人にどう受け止められるのだろうか。


(※)Amazon Introduces a New Way to Experience Alexa with Show Mode for Fire Tablets and the New Show Mode Charging Dock
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=2356423

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。