IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.11.08

IoTとビッグデータがもたらす変革の時代が到来——Cloudera World Tokyo 2016基調講演

BY

2016年11月8日に都内の会場にて「Cloudera World Tokyo 2016」が開催され、「IoTとBigDataをビジネスインパクトにつなげた国内外の事例」と題した基調講演が行われた。

登壇した株式会社インテック プリンシパルの中川郁夫氏(以下、中川氏)は代表的な3つの例を挙げながら、デジタルイノベーションとIoT、ビッグデータの関係について解説した。

インテック プリンシパル 中川郁夫氏

IoTとビッグデータをビジネスインパクトにつなげるためのヒント

IoTとビッグデータについて考えるヒントとして中川氏は、IoTを通じて膨大な量のデータが集まるが、それをもとにどのような事象が分かるのかという“知見”が大事だと話す。

GoogleやAppleなどのグローバル企業が取得しているスマートフォンの位置情報は、“誰がどこにいたか”が分かるだけでなく、誰かと一緒にいた場合はそのデータまで把握できる。「位置情報を持っているだけで、その人との関係性まで分かってしまう。

これと同じことは電子ブックにも言える。その人がどのような本を読んでいて、どのような速度で読み進めているかが分かれば、その人の知性が分かる。ポイントカードも同じで、何をいくらで買ったのかが分かれば、その人の購買行動が分かる、というわけだ。こうした知見が、どのようにして価値に変わっていくのか。

IoTとビッグデータを考えるヒント

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか
and factory、秋葉原にスマートスピーカ完備の“IoTホステル”--観光案内も声でお知らせ
トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。