IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.05.09

Google、IoT向けプラットフォームAndroid Things 1.0を正式リリース

Powered by

GoogleがIoT機器向けに開発している組み込みプラットフォーム、Android Things 1.0を正式リリースしました。Android Things自体は2016年12月に発表されていましたが、それ以来、開発者プレビューの状態が続いていました。 Android Thingsはその名前からもわかるように、IoT機器向けに特化したAndroidのサブセット的なものです。Android SDKやAPIなど、Androidと共通の開発環境も使用されており、一部改変は必要となるものの、Androidアプリの開発者ならAndroid Things向けアプリも比較的楽に構築できるのが特徴です。 IoT機器については、アップデートが行われずにそのセキュリティリスクが指摘されることもありますが、Android Thingsは最低3年間、バグフィクスやセキュリティパッチなどのアップデートが保証されています。プラットフォーム自体のメンテナンスはGoogleが担当するので、開発者は自身の製品に注力できるわけです。 なお、3年経過後もサポートの延長契約が可能。また、Android Things Consoleから自身のソフトアップデートも提供できます。ただし、非商用の場合は100台までの制限があり、営利目的や100台以上に配信する場合は、Googleとの契約が必要となります。 Android Thingsは、プレビュー期間中、10万件以上ダウンロードされ、1万人以上の開発者からフィードバックがあったとのことで、その注目度の高さが伺えます。 実際にAndroid Thingsを搭載する製品としては、2018年の1月のCES 2018で発表されたLenovoやLG、JBLらのスマートディスプレイがあり、今夏発売予定です。このほか、ウェアラブルなヘルスケア機器Bytefliesや、カナダのモントリオールに設置されるMiregoのデジタルフォトディスプレイにもAndroid Thingsが利用されているとのことです。 Googleアシスタント搭載のスマートディスプレイ、レノボやソニーから年内発売。AmazonのEcho Show対抗

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]
日立、「地域IoT連携クラウドサービス」を自治体向けに販売開始
産業用IoTソフトウェアプラットフォームのリーダー企業とその強みとは--Forrester
Google Cloud PlatformがEdge TPUとClout IoT Edgeをリリース
アライドテレシス、IoT対応を見据えたネットワーク統合管理製品「AMF Cloud」
ものづくりのポテンシャルとIoTの可能性が未来を拓く! 8/23「北九州でIoT」東京説明会(TeNKYU&採択チーム講演)
日本のものづくり最前線、「研究開発型」町工場の躍進の秘訣を探る -由紀精密社長 大坪正人氏インタビュー
アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。