IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.05.09

Google、IoT向けプラットフォームAndroid Things 1.0を正式リリース

Powered by

GoogleがIoT機器向けに開発している組み込みプラットフォーム、Android Things 1.0を正式リリースしました。Android Things自体は2016年12月に発表されていましたが、それ以来、開発者プレビューの状態が続いていました。 Android Thingsはその名前からもわかるように、IoT機器向けに特化したAndroidのサブセット的なものです。Android SDKやAPIなど、Androidと共通の開発環境も使用されており、一部改変は必要となるものの、Androidアプリの開発者ならAndroid Things向けアプリも比較的楽に構築できるのが特徴です。 IoT機器については、アップデートが行われずにそのセキュリティリスクが指摘されることもありますが、Android Thingsは最低3年間、バグフィクスやセキュリティパッチなどのアップデートが保証されています。プラットフォーム自体のメンテナンスはGoogleが担当するので、開発者は自身の製品に注力できるわけです。 なお、3年経過後もサポートの延長契約が可能。また、Android Things Consoleから自身のソフトアップデートも提供できます。ただし、非商用の場合は100台までの制限があり、営利目的や100台以上に配信する場合は、Googleとの契約が必要となります。 Android Thingsは、プレビュー期間中、10万件以上ダウンロードされ、1万人以上の開発者からフィードバックがあったとのことで、その注目度の高さが伺えます。 実際にAndroid Thingsを搭載する製品としては、2018年の1月のCES 2018で発表されたLenovoやLG、JBLらのスマートディスプレイがあり、今夏発売予定です。このほか、ウェアラブルなヘルスケア機器Bytefliesや、カナダのモントリオールに設置されるMiregoのデジタルフォトディスプレイにもAndroid Thingsが利用されているとのことです。 Googleアシスタント搭載のスマートディスプレイ、レノボやソニーから年内発売。AmazonのEcho Show対抗

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。