IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.04.26

人気仮想通貨NEMで決済するオンラインフリマサービス
世界初のサービスが事業譲渡を経て本格始動

BY

「メルカリ」に代表されるオンラインフリマサービス。個人間で不要な物などを売買でき、若年層を中心に人気を集めている。

そんななか、世界初の仮想通貨NEM決済限定のオンラインフリマサービスとして「Nemche(ネムシェ)」が2017年12月にリリース。運営開始から1ヶ月で約18万PVのサービスへと急成長した。

 

特徴としては、出品時に設定したXEM(NEMの通貨単位)価格から相場変動に応じて、価格を自動変動させることが可能だという。例えば、レートが1XEM=100円の時に出品価格10XEMとして出品した場合に、レートが1XEM=90円となると出品価格は自動的に11.111XEMになるという具合だ。

開発したのは大学生エンジニアチームのimagic。学生という身分であることから、「Nemche」の長期的な開発と運用体制に限界を感じ、このたびビットラボへと事業譲渡した。事業譲渡はすでに完了。現在サービス内での新機能追加を進めており、5月にリリース予定だという。

"ビットコイン2.0”などとも言われるNEMは、2018年にカタパルト実装(機能アップデート)を控えており、高性能な仮想通貨として今後が期待されている。開発チームに日本人が在籍していることや有力な取引所があることなどから、日本での人気が高い仮想通貨(アルトコイン)だ。

「NEM CREATORS FESTIVAL」というNEMをテーマにしたクリエイターのミートアップイベントが開催されるなど、その人気の過熱ぶりがうかがえる。NemcheでもNEMロゴのシールやキーホルダーなどブロックチェーン関連グッズが人気だという。

 

投資だけでなく、その独自の世界観が広がりを見せている仮想通貨。これからどんな動きが出てくるのか、楽しみに見守りたい。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。