IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.04.26

人気仮想通貨NEMで決済するオンラインフリマサービス
世界初のサービスが事業譲渡を経て本格始動

BY

「メルカリ」に代表されるオンラインフリマサービス。個人間で不要な物などを売買でき、若年層を中心に人気を集めている。

そんななか、世界初の仮想通貨NEM決済限定のオンラインフリマサービスとして「Nemche(ネムシェ)」が2017年12月にリリース。運営開始から1ヶ月で約18万PVのサービスへと急成長した。

 

特徴としては、出品時に設定したXEM(NEMの通貨単位)価格から相場変動に応じて、価格を自動変動させることが可能だという。例えば、レートが1XEM=100円の時に出品価格10XEMとして出品した場合に、レートが1XEM=90円となると出品価格は自動的に11.111XEMになるという具合だ。

開発したのは大学生エンジニアチームのimagic。学生という身分であることから、「Nemche」の長期的な開発と運用体制に限界を感じ、このたびビットラボへと事業譲渡した。事業譲渡はすでに完了。現在サービス内での新機能追加を進めており、5月にリリース予定だという。

"ビットコイン2.0”などとも言われるNEMは、2018年にカタパルト実装(機能アップデート)を控えており、高性能な仮想通貨として今後が期待されている。開発チームに日本人が在籍していることや有力な取引所があることなどから、日本での人気が高い仮想通貨(アルトコイン)だ。

「NEM CREATORS FESTIVAL」というNEMをテーマにしたクリエイターのミートアップイベントが開催されるなど、その人気の過熱ぶりがうかがえる。NemcheでもNEMロゴのシールやキーホルダーなどブロックチェーン関連グッズが人気だという。

 

投資だけでなく、その独自の世界観が広がりを見せている仮想通貨。これからどんな動きが出てくるのか、楽しみに見守りたい。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

大阪ガスが「レシピ内蔵IoTガスコンロ」を展示、将来は食材配達サービスとの連携も?【CEATEC 2019】
IIJ、SoftSIMの利用拡大に向けて香港Links Field Networksと業務提携 | IT Leaders
アルプスアルパイン、CASEやHMI技術をより高い次元で提供する新技術を紹介…CEATEC 2019
横浜ゴム、「東京モーターショー 2019」でタイヤのIoT化技術や面ファスナーを用いた将来技術を紹介
IIJとLinks Field Networks社が業務提携、SoftSIMソリューションを共同推進
日立IoT「Lumada」でエレベーター/ビル設備の稼働可視化や設定変更
コーウェイ、空気清浄機「AIRMEGA」シリーズにIoT対応モデルなど新登場
河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019
アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】
「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露
日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」
「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC
大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders
【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示
マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大
AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。