IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.25

先進的なコネクテッドカーを毎月定額で利用可能
安全運転でポイントが貯まりオトクに乗れる

BY

自動車がインターネットに常時接続し、天気や経路、レジャー情報など様々な情報を提供してくれるコネクテッドカー。そんな最先端のドライブ体験を毎月定額で利用できるサービスが登場した。

スマートドライブが提供する「SmartDrive Cars」は、IoTデバイスを搭載した新車を最短1年から毎月定額で利用できるサービス。2018年4月から申込受付を開始した。

コネクテッドカーの関連市場は、2016年時点で3,980億円であり、2025年には2兆円規模に成長するとみられている(矢野経済研究所調べ)。常時インターネットにつながることで、車両情報などを逐次、センターなどで把握できるため、自動運転をはじめ、安全性向上や快適な運転、車両管理や走行管理など様々な分野で発展すると期待されている。

「SmartDrive Cars」では、N-BOXやプリウスなど軽自動車・コンパクトカーから、CX-5やC-HRなどのSUVまで、幅広い車種を用意。子どもが小さいうちだけ所有したい、ゴルフやサーフィンなどの趣味で使いたい、など家庭や個人のニーズに合わせて、車種や契約期間を選択することが可能だ。

カーナビやETC、メンテナンスや車検、各種自動車税・自賠責保険など、すべての費用が含まれている月額料金で利用できるため、カーライフ設計がしやすいのも特徴。

 

同社によれば、「子どもが生まれたなどの理由でマイカーが欲しくなった若年層夫婦や、地方で通勤や通学に必要だが車種等にこだわりはなく、スマートフォンで簡単に申込みや管理をしたい層など」を初期ターゲットとして見込んでいるとのこと。

また、「SmartDrive Cars」では独自のSmartDriveポイントが用意されており、安全運転をすることで貯まっていく。貯まったポイントは「Amazonギフト券」や「WAONポイント」などに交換できるため、安全運転を続ければ続けるほど、オトクに自動車に乗れることになる。

ポイントのほかにも、契約情報、走行履歴、車検やメンテナンスのスケジュールなど、車に関する情報をスマートフォンでいつでも閲覧できるメニューが用意され、順次機能を拡充していくという。

 

シェアリングエコノミーが注目される中、レンタカーやカーシェアリングとは異なり自分の車として持つことができる今回のサービス。例えば子どもがいる家庭では毎回、チャイルドシートを付けたり外したりする必要もなく、また返却時間を気にする必要もないので、ストレスフリーなカーライフが送れそうだ。
 

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

ドコモ、『未来の家プロジェクト』でIoTスマートホームによる生活モニタリング実証実験を開始

VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由

航空電子と東大生研が連携研究協力協定を締結

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第4回)LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能【ネット新技術】

「2年で2倍」の成長ペース、ファーウェイ法人事業が次に狙うもの

[本日の一品]手軽に家電をIoT化するスマート家電リモコン

ウイングアークら、個室トイレの利用分析IoTソリューションを共同開発

Gmailが「IFTTT」「Gmail Backup」など外部サービスのサポートを終了、その理由は【やじうまWatch】

激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由

IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった

ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置

ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始

NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し

【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……

ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】

国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査

オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供

NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に

日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ドコモ、『未来の家プロジェクト』でIoTスマートホームによる生活モニタリング実証実験を開始

VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由

航空電子と東大生研が連携研究協力協定を締結

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第4回)LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能【ネット新技術】

「2年で2倍」の成長ペース、ファーウェイ法人事業が次に狙うもの

[本日の一品]手軽に家電をIoT化するスマート家電リモコン

ウイングアークら、個室トイレの利用分析IoTソリューションを共同開発

Gmailが「IFTTT」「Gmail Backup」など外部サービスのサポートを終了、その理由は【やじうまWatch】

激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由

IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった

ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置

ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始

NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し

【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……

ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】

国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査

オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供

NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に

日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders

IoTニュース

ドコモ、『未来の家プロジェクト』でIoTスマートホームによる生活モニタリング実証実験を開始
VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由
航空電子と東大生研が連携研究協力協定を締結
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第4回)LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能【ネット新技術】
「2年で2倍」の成長ペース、ファーウェイ法人事業が次に狙うもの
[本日の一品]手軽に家電をIoT化するスマート家電リモコン
ウイングアークら、個室トイレの利用分析IoTソリューションを共同開発
Gmailが「IFTTT」「Gmail Backup」など外部サービスのサポートを終了、その理由は【やじうまWatch】
激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する
IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。