IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.25

先進的なコネクテッドカーを毎月定額で利用可能
安全運転でポイントが貯まりオトクに乗れる

BY

自動車がインターネットに常時接続し、天気や経路、レジャー情報など様々な情報を提供してくれるコネクテッドカー。そんな最先端のドライブ体験を毎月定額で利用できるサービスが登場した。

スマートドライブが提供する「SmartDrive Cars」は、IoTデバイスを搭載した新車を最短1年から毎月定額で利用できるサービス。2018年4月から申込受付を開始した。

コネクテッドカーの関連市場は、2016年時点で3,980億円であり、2025年には2兆円規模に成長するとみられている(矢野経済研究所調べ)。常時インターネットにつながることで、車両情報などを逐次、センターなどで把握できるため、自動運転をはじめ、安全性向上や快適な運転、車両管理や走行管理など様々な分野で発展すると期待されている。

「SmartDrive Cars」では、N-BOXやプリウスなど軽自動車・コンパクトカーから、CX-5やC-HRなどのSUVまで、幅広い車種を用意。子どもが小さいうちだけ所有したい、ゴルフやサーフィンなどの趣味で使いたい、など家庭や個人のニーズに合わせて、車種や契約期間を選択することが可能だ。

カーナビやETC、メンテナンスや車検、各種自動車税・自賠責保険など、すべての費用が含まれている月額料金で利用できるため、カーライフ設計がしやすいのも特徴。

 

同社によれば、「子どもが生まれたなどの理由でマイカーが欲しくなった若年層夫婦や、地方で通勤や通学に必要だが車種等にこだわりはなく、スマートフォンで簡単に申込みや管理をしたい層など」を初期ターゲットとして見込んでいるとのこと。

また、「SmartDrive Cars」では独自のSmartDriveポイントが用意されており、安全運転をすることで貯まっていく。貯まったポイントは「Amazonギフト券」や「WAONポイント」などに交換できるため、安全運転を続ければ続けるほど、オトクに自動車に乗れることになる。

ポイントのほかにも、契約情報、走行履歴、車検やメンテナンスのスケジュールなど、車に関する情報をスマートフォンでいつでも閲覧できるメニューが用意され、順次機能を拡充していくという。

 

シェアリングエコノミーが注目される中、レンタカーやカーシェアリングとは異なり自分の車として持つことができる今回のサービス。例えば子どもがいる家庭では毎回、チャイルドシートを付けたり外したりする必要もなく、また返却時間を気にする必要もないので、ストレスフリーなカーライフが送れそうだ。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始
三菱重工航空エンジン、SASのAIテクノロジーでスマートファクトリー化を促進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。