IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.04.23

企業向けキャラクターAI作成サービスをgooが提供開始
QAサイトなどの膨大なデータが育てたAIで企業のキャラクターをAI化

BY

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは4月19日、同社のAIを活用したサービスに関するメディアカンファレンスを開催。2つのサービス展開を発表した。

企業のキャラクターAI作成を支援するセミオーダーソリューション

同社は4月19日から「gooのAI」を活用した自然な対話が可能なAIのセミオーダーソリューション「goo AI xDesign(グー・エーアイ・クロスデザイン)」を提供開始した。

「gooのAI」は、ポータルサイトを運営してきた技術とノウハウ、そしてNTTグループのAI関連技術「corevo」を基に開発した独自技術。これを顧客となる企業のデータとキャラクターに掛け合わせることで、その顧客企業のキャラクターAIを作成するというサービスだ。

これまで、「gooのAI」は自社サービスである恋愛相談サービス「教えて!goo」オシエルや、対話を通じて旅行プランを提案する「goo旅行AI」などへ導入してきた。

また、顧客企業への導入事例としては、日本テレビ放送網のTVドラマ『過保護のカホコ』に登場する主人公とLINEでチャットできる「AIカホコ」や、ANA・YOMIKOと共同でハワイ旅行の情報を提供してくれる「ハワイAI」などがある。

今回提供を開始した「goo AI xDesign」では、顧客の課題を抽出し効果的な使い方を提案するコンサルティングから、エンジニアリングやチューニングを行なうAIカスタマイズ、データ作成サポート、AIライセンスまで一貫して提供する。

 

 

本サービスによって作成されたキャラクターAIは、企業プロモーションの新たなチャネルとしての活用を想定。ECサイトでの商品レコメンドや旅行領域における観光プロモーション、ゲーム分野でのユーザーロイヤリティ向上施策など様々な分野での活用が期待できるという。

AIが人との自然な対話をスムーズに行なうには、膨大な量の対話に関するデータと文脈理解が必要とされている。「gooのAI」では、約3000万件のユーザー集合知である「教えて!goo」のデータ等を活用し、ディープラーニングによって文脈理解の精度を向上させ、自然な対話を可能にした。こうして蓄積した技術・ノウハウを活かし、このたび企業向けソリューションサービスとして提供するものだとのこと。

自分が読むべきニュースが一目でわかるニュースアプリ

また、無料のニュースアプリ「gooニュースアプリ」に新しく「インフォグラフ」機能を2018年5月から搭載することを発表。

これは、ユーザーがどのジャンルのニュースをどれくらい読んでいるのかを「gooのAI」によって可視化する機能。これによってユーザーは自分が無意識に嗜好しているニュースジャンルを知ることができ、自身の好きなものに気づく体験ができるようになるという。

さらに同機能では、gooニュース編集部が設定した「就活生」「営業担当」「経営者」など、職種やロールモデルに応じたテーマのグラフとの比較が可能。それぞれのテーマと自身のグラフを比較して、自身に足りていないジャンルなどを知ることができる。これにより、ユーザーはニュース閲覧を単なる情報収集ではなく、自らの情報感度を高めるためのアクションとすることができるようになるとのこと。

 

また、gooが保有するデータと「gooのAI」を活用したAIによるおもてなしを実現するという。これまでのニュースアプリのような「経済」「社会」「政治」「スポーツ」などという画一的なカテゴリではなく、ユーザーの日頃の検索行動からAIが興味関心を読み解き、独自のカテゴリを生成。「好きな芸能人」や「ひいきの野球チーム」などの情報をニュースだけでなく、SNSや動画サイトなどからも自動収集しユーザーに提供する。

さらに位置情報を活用し、場所に応じて情報を提供。gooグルメやgoo旅行、goo地図などのデータベースを利用し、行動範囲にあるイベント情報やおすすめの店をプッシュ通知することで出かける前の期待感を高めるという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。