IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.21

レシピから直接Amazonへ食材を注文!
DELISH KITCHENとクックパッドがAmazonフレッシュに対応

BY

日用品がなくなった時、実際のボタンを押すことで発注ができる「Amazon Dush Button」、レジを通らずに商品を持ち出せる「Amazon Go」など、スムーズな購入体験を提供しているAmazonのサービス。今度はレシピサイトからの食材注文へと対応した。

動画レシピメディア「DELISH KITCEH」

「だれでもおいしく簡単に作れるレシピ」を配信する動画レシピメディア「DELISH KITCHEN」。新たに「買い物リスト」機能が追加された。この機能は、DELISH KITCHENに掲載されているレシピの食材をワンタップでリストに追加できるもの。さらに、その買い物リストの食材をボタン1つで簡単にネットスーパーへ注文することも可能だ。

第一弾として、Amazonの生鮮食品販売サービス「Amazonフレッシュ」に対応。買い物リスト内の[Amazonフレッシュで注文する]ボタンをタップすることで、買い物リスト内の食材が分量とともにAmazonフレッシュに連携される。これによって食材を探して、数量を入力する手間が省けるようになる。また、仕事や家事で忙しく、献立や買い物の時間が取れない場合も、重たい荷物を持って帰る必要もなく買うことができるため、重宝するだろう。

新機能でレシピから直接Amazonフレッシュのカートに食材を入れられる

買い物リスト機能は、まずiPhone版(iOS11)でのリリースとなる。Android版については順次公開するとしている。また、iPadやAndroidタブレットについても順次対応予定としている。

元祖レシピメディア「クックパッド」

ユーザーがレシピを投稿できるレシピメディア「クックパッド」の調査(2016年おうちごはん白書、クックパッド調べ)によれば、毎日の献立を考えることが料理をする人にとって大きな負担になっているという。

また、多くの人が「買い物に時間がかかる」「必要な食材を買い忘れる」「買いたい食材を探すのが大変」といった買い物に関する悩みも抱えているとのこと。

そんな背景を受けて、クックパッドもAmazonの生鮮食品販売サービス「Amazonフレッシュ」に対応。有料サービスの「プレミアム献立」向けに新機能を提供開始した。

「プレミアム献立」では、毎週日曜日に旬の食材を使った手軽で美味しいレシピを1週間分の献立リストにして提供している。今回の新機能により、献立で使用している肉・魚・野菜などの生鮮食品、味噌・しょうゆなどの調味料をAmazonフレッシュのショッピングカートにまとめて追加・購入できるようになった。

クックパッド「プレミアム献立」向けの新機能

食べたいと思ったレシピの食材をストレスなく、スムーズに購入できるようになる今回の対応によって、料理がはかどることだろう。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。