IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.04.16

ボカロをしのぐ勢い! バーチャルYouTuberが今アツい
誰でもキャラになれる技術を使ってYouTuber活動が活発に

BY

訪日促進アンバサダーも誕生。YouTuberはバーチャルの時代へ

YouTubeで様々な動画をアップして収入を得ているYouTuberが話題だが、最近では「バーチャルYouTuber」(VTuber=Virtual YouTuberと呼ばれる)が注目を集めているのをご存じだろうか。

何が“バーチャル”なのかというと、登場人物が実在の人物ではなく3Dやイラストで描かれたキャラクターなのである。人間の動作をそのままキャラクターに投影する技術により、まるで人間のような動きをしながら、ゲーム実況など一般のYouTuberたちが取り組むような企画に挑んでいる。

なかでも筆頭格にあるのが「キズナアイ」。彼女の公式チャンネル「A.I.Channel」は登録者数が170万人超(2018年3月13日時点)を誇る。TVCMや番組出演を果たし、今年3月には日本政府観光局(JNTO)の「訪日促進アンバサダー」に就任。海外向けの動画も公開されている。

VTuberは2017年後半ごろから続々と増え始めた。現在では1000人以上いるとも言われており、今も日々新たに誕生する勢いだ。その勢いは、動画サイトの人気コンテンツである「ボーカロイド」の広がりよりも早さを感じる。

なぜ、VTuberがここまで急激に人気を集めているのか。そこにはバーチャルゆえの特性があるように思う。一般的にYouTuberは自身で顔を出して出演している。つまり、本人のキャラクターで勝負しなければならない。

しかしVTuberであれば、自分とは異なるキャラクターで出演ができる。極端に言えば、男性が女性キャラクターで出演することも可能なわけだ。このキャラクターづくりが容易な点が、VTuber参入へのハードルを下げ、急激な増加へと結びついているのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。