IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.04.16

ボカロをしのぐ勢い! バーチャルYouTuberが今アツい
誰でもキャラになれる技術を使ってYouTuber活動が活発に

BY

訪日促進アンバサダーも誕生。YouTuberはバーチャルの時代へ

YouTubeで様々な動画をアップして収入を得ているYouTuberが話題だが、最近では「バーチャルYouTuber」(VTuber=Virtual YouTuberと呼ばれる)が注目を集めているのをご存じだろうか。

何が“バーチャル”なのかというと、登場人物が実在の人物ではなく3Dやイラストで描かれたキャラクターなのである。人間の動作をそのままキャラクターに投影する技術により、まるで人間のような動きをしながら、ゲーム実況など一般のYouTuberたちが取り組むような企画に挑んでいる。

なかでも筆頭格にあるのが「キズナアイ」。彼女の公式チャンネル「A.I.Channel」は登録者数が170万人超(2018年3月13日時点)を誇る。TVCMや番組出演を果たし、今年3月には日本政府観光局(JNTO)の「訪日促進アンバサダー」に就任。海外向けの動画も公開されている。

VTuberは2017年後半ごろから続々と増え始めた。現在では1000人以上いるとも言われており、今も日々新たに誕生する勢いだ。その勢いは、動画サイトの人気コンテンツである「ボーカロイド」の広がりよりも早さを感じる。

なぜ、VTuberがここまで急激に人気を集めているのか。そこにはバーチャルゆえの特性があるように思う。一般的にYouTuberは自身で顔を出して出演している。つまり、本人のキャラクターで勝負しなければならない。

しかしVTuberであれば、自分とは異なるキャラクターで出演ができる。極端に言えば、男性が女性キャラクターで出演することも可能なわけだ。このキャラクターづくりが容易な点が、VTuber参入へのハードルを下げ、急激な増加へと結びついているのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT時代に最適なログデータ管理方法とは -ウフル 竹之下氏 インタビュー
ARは人間の洞察を強化する――経営戦略の大家、ポーター教授が語った「ARのビジネスポテンシャル」
ネクスト・フィールド、宇都宮市でLoRaWANの実証実験、参加企業を一般公募 | IT Leaders
経産省、「生活製品におけるIoT等のデジタルツールの活用による生活の質の向上に関する研究会」報告書を公表
最新の産業用ロボット×IoTを体感できる展示場開設
GoogleのAIY Projectsがラズパイ同梱版にアップデート。段ボールIoTがこれ1つでおけまる
NEC、IoTデバイスへの不正アクセスを可視化・遮断する組み込みソフト | IT Leaders
エフセキュア、IoT&スマートホーム向けにセキュリティ機能搭載Wi-Fiルーター「F-Secure SENSE」を発表
手作りIoTからの脱却!IoT専業ベンダーによる、IoT技術者を目指す方のためのテクノロジーセミナー、開催決定![PR]
Arm、セキュアなIoTデバイス実現のため、SoCソリューション「Arm SDK-700 System Design Kit」を発表
IoTデバイス向けセキュリティ「Azure Sphere」、組み込みチップやLinux OSを提供 | IT Leaders
次世代のIoTセキュリティ標準として目指すべきものとは何か
大和ハウス、AI・IoT・ロボットを活用した物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」の稼働スタート
IoTがもたらす変革に期待を寄せる一方で8割以上が決断力不足を実感――ガートナーが日本企業のIoT推進を調査
NEC、IoTのエッジやデバイスの不正アクセスを見える化し遮断する「IoT Device Security Manager」を提供開始
マイクロソフト、IoT専用Linux「Azure Sphere OS」を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。