IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.13

充電不要! 体温で発電するスマートウォッチ登場
消費カロリー、歩数計、睡眠量計を備えた防水スマートウォッチ

BY

ソフトバンク コマース&サービスから、体温で発電する世界初のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」が発売された。独自の熱発電技術を搭載しており、体温と外気温との温度差により本体の駆動に必要な電力を生み出すことが可能。体温による発電は、常に身につけるスマートウォッチとして最適な発電方法だろう。なお、非装着時にも蓄電された電力で駆動する。

また、一日で自分の体温により発電した電力量を確認・友人へとシェアもできるため、誰が一番電力を創りだしたか、などゲーム感覚で楽しむこともできる。

スマートウォッチとしての機能としては、以下のとおり。

・カロリー計算
人の体内で消費カロリーは熱に変換される。MATRIX PowerWatchは熱からその消費カロリーを正確に計測する。

・歩数計
歩数を計測することで、一日の活動量を把握できる。

・睡眠量計
睡眠時間を計測する。計測中も体温によって発電するため、翌朝、充電する必要はない。

ほかに、50M防水を備えている他、文字盤のカスタマイズも可能。

計測したデータは本体の画面で確認できる。また、スマートフォンと本製品をBluetoothで接続することで、計測したデータを専用のアプリケーションによる管理することも可能だ。

ラインアップはSilver(税込3万5,424円)とBLACK OPS PACK(税込4万824円)の2種類。
また、5月以降に上記に加えて着信通知機能などを備えた「MATRIX PowerWatch X」も販売開始予定。

なお、MATRIX PowerWatchはソフトバンク コマース&サービスの「+Style」という、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォームから販売される。「+Style」は、消費者と一緒にものづくりができるプラットフォームで、製品の段階に応じて3つの機能を有しており、本製品は「ショッピング」で販売される。

「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めていくことが可能。

「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化することが可能。

そして「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることが可能。

今後も新機軸の製品が登場することを楽しみにしたい。

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders

ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に

エッジコンピューティングが興隆する2019年

気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場

コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて

国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン

NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画

学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作

「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント

量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス

Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更

【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動

総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由

テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders

ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に

エッジコンピューティングが興隆する2019年

気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場

コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて

国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン

NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画

学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作

「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント

量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス

Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更

【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動

総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由

テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。