IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.11

LINEのClovaがスマートホーム機能に対応
まずは照明のPhilips Hueから対応開始

BY

LINEはスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタント「Clova」によるホームIoTサービス「Clova Home」の提供を開始した。LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」「Clova Friends」のどちらでも利用できる。

第一弾として「Philips Hue」をサポート。インターネットを経由して照明の操作ができるようになった。 照明のON/OFF操作はもちろんのこと、 明るさ・色等の細かな調整も音声で簡単に操作することが可能となる。さらに、 事前に設定を行うことによって「リビングの照明をつけて」など場所を指定した操作も可能。

Philips Hueに対して行なえる操作

これまでもClova WAVEでは、赤外線対応家電をコントロールする「音声リモコン」機能が用意されていた。しかし、スマートスピーカーと家電製品の間に障害物がなく、お互いを赤外線の届く範囲に配置する必要があった。

今回対応した「Clova Home」では、Clovaが各サービス企業のインターネットサーバーを経由して自宅にあるゲートウェイ(ブリッジ)とつながり、各家電製品をコントロールする。このため、音声リモコンのような制約にしばられることなく配置が可能となる。

Clova Homeと音声リモコンの仕組みの違い

また、Cova Friendsでも利用できる機能であり、今後対応予定の音声リモコンオプションも必要なく、音声コントロールが可能となる。

LINEによれば、今回のPhilips Hueを皮切りに、様々なメーカーとの連携、多種多様な機器との対応を進めるとのこと。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ
HPE、エッジコンピューティング分野に注力--約4400億円を投資へ
コモドソリューションズ、熱中症対策IoTを保育・教育・地域活動へ展開
IoT機器の固体認証向け新PUF技術、東芝が開発
IoT人気記事ランキング|図解!「IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと」など[6/11-6/17]
KDDI、漁業IoTを実現するスマートブイの新型――軽量・省電力化しセルラーLPWAにも対応
LPWAに対応したシューズ向けIoTモジュールの実験に成功

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。