IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.01

IoTとはアナログプロセスのデジタル化だ!第3回ダスト・コンソーシアム発表会基調講演レポート

BY

2016年10月27日(木)、東京コンファレンスセンター品川において、リニアテクノロジー株式会社の主催による「第3回ダスト・コンソーシアム発表会」が開催された。

3回目となる今回、「デジタルが社会・経済・産業・ビジネスを変える」と題し、東京大学先端科学技術研究センター森川博之教授による基調講演があったので紹介しよう。

IoTはアナログプロセスのデジタル化

近年のIT界隈では「IoT」という言葉がバズワードにもなり、さまざまな場所で聞かれるようになってきた。IoTは今や、IT関連界隈だけでなく全ての産業界で注目を浴びている状況となったと言っていいだろう。

森川教授はIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の定義をとくに明確にせず、人から聞かれたときには「アナログプロセスのデジタル化」と説明しているという。

私たちの日常生活や仕事の中には、これまでアナログで行ってきたプロセスが膨大にある。それらの中からデジタル化できるものをデジタルに変えていくのが「IoT」であるというのである。

森川教授はIoTという言葉が出てきてうれしい変化が出てきたという。それは「経営者たちのIT/ICTに対するスタンスが変わり始めてきていること」だそうだ。これまでIT/ICTは、IT部門やシステム部門がコスト削減のためにやるものだという認識で、あまり関心を持たれていなかった。

ところが「IoT」という言葉が登場したことで、「新しい価値を創るツール」という認識で、IT/ICTを再認識する、そういう経営者が増えてきた。それが大きなインパクトであるというのである。

東京大学先端科学技術研究センター森川博之教授

森川教授は「IoTとはアナログプロセスのデジタル化である」ということをわかりやすく説明するために、スペインのバルセロナにある劇場が導入した「Pay Per Laugh」を例に挙げた。

同劇場では全ての座席にタブレットが設置されており、その内蔵カメラで観客の顔を認識する。常に観客ひとりひとりの顔を観察し、現在までに、何回笑ったかをリアルタイムに計測するのである。

入場料は無料。1回笑うと30セントが課金される。観客らは、自分が笑った分だけお金を払うというわけだ。

これは「大勢の人の笑顔を個別に数える」というアナログのプロセスをデジタル化した事例だ。劇場のスタッフが入場者全員の顔をチェックし、笑ったか笑ってないかを判断、その回数まで数えるとなると、かなりの手間と人手が必要になる。しかし、タブレットを導入することで、そうした手間をかけずに計測できるのである。

ただ、仮に森川氏が日本のお笑い劇場の支配人で、若いスタッフが同じシステムを提案したら、ネガティブにとらえるであろうという。というのは、同システムの導入を知っている観客が、お金を払いたくないからと笑わなくなることが、考えられるからだ。

ちなみにスペインのバルセロナの劇場では、このシステムを導入することによって、売り上げがなんと30%もアップ、さらに顧客の満足度も上がったそうである。

「デジタル化、IoTは、このようなフェーズにあるものが多いのではないかと思う。まじめに考えると(マイナス思考になり)動けなくなる。一度やってみて走りながら同時に考えて行かないといけない」と森川教授。

「Pay Per Laugh」は、笑った分だけお金を払うシステムだ
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用
進む現場のIoT化、建設や工場に向けてドコモがソリューション
マイクロソフトがDX最新状況発表。「LANDLOG」へのAzure採用、「日本企業投資意識はアジア企業に遅れ」の調査結果など
ノキア、スマートシティを管理する「IoT for Smart Cities」などを発表
ダイキン工業、空調機のIoTによる空間データプラットフォーム
サイプレスとESCRYPTが協業 - LoRaWAN向けセキュリティを提供
サテライトオフィス、IoTセンサー「MESH」を利用したステータス管理パックを発売
LPWAで工場IoT――ドコモとデンソー子会社が“かんばん方式”向け無線インフラの実証実験
[LIFETECH]甘くないチョコレートの世界に、テクノロジーを掛け合わせる -「Minimal」代表 山下氏×IoTNEWS代表 小泉 対談
ヴイエムウェアはIoTセキュリティに対して何ができるのか?
NEC、パートナー19社出展の「顔認証ソリューション展示会」開催
富士通、流通業界向けのIoT活用サービス基盤「SMAVIA」を販売開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。