IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.24

“現代の魔法使い”を目指せるプログラミング教材が登場
ディズニーキャラクターと学ぶオンラインとアナログアイテムが融合した教材

BY

2020年に義務教育化となるプログラミング教育が注目を集めている。プログラミングを学べる塾も増えており、今後、学校の科目として各家庭でも対応が求められることだろう。

そんななか、ソフトバンク コマース&サービスは、「テクノロジア魔法学校」を3月24日からSoftBank SELECTIONオンラインショップで予約販売を開始する。これは中高生向けにIT教育を展開するライフイズテックがウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約し開発したもの。

「テクノロジア魔法学校」はディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことができるプログラミング学習教材だ。魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』『ベイマックス』『アラジン』など13のディズニー作品をテーマにしたレッスンで学ぶ。

教材内に使用されるディズニー作品

”プログラミングは現代の魔法である”をテーマに、ロールプレイングゲームのように物語を進めながらメディアアート、ゲーム制作、Webデザインの3コースをクロスカテゴリで総合的に学習していく構成だ。

JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shaderといったプログラミング言語を軸に、基礎編40時間、応用編60時間の計100時間の学習コンテンツが用意され、週1回2時間の学習で、約1年間で学ぶことができる(学習速度には個人差がある)。毎日なら約2〜3ヶ月で学べるなど自分のペースで進めることも可能。

 

オンライン教材のほか、物語を進めていくための地図や封筒などのさまざまなアイテムが入ったスタートキット「魔法の本」を連携させながら学習を進める。この「魔法の本」には「謎」が仕掛けられており、それらを解くことで物語が進行する。

さらにメインレッスンをクリアすると自宅にディズニーキャラクターがデザインされたオリジナルポストカード(40枚以上)が届くなど、オンライン学習とアナログアイテムが融合した、学習者が楽しく継続して学べる仕掛けが満載だという。

 

なお、販売はSoftBank SELECTIONオンラインショップのほかに、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、蔦屋家電、マルイ、ディズニーストアなど実店舗でも実施される予定。

今だけ初回限定モデルとして「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80週年記念オリジナルポストカード」を同封した特別初回限定モデルを数量限定で予約受付中。

現代の魔法使いを目指して、この教材で学んでみてはいかがだろうか?

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。