IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.21

「救命の連携」で命を救う実証実験
「共助」の街で「救命の連鎖」をつなぐ日本初の試み

BY

3月20日、三井不動産、シスコシステムズ、CoaidoI(コエイド)は、救命率向上を目指す共同実証実験を行なった。古くから「共助の精神」が根付く東京・日本橋で実施。「心停止の予防」「心停止の早期認識と通報」「心肺蘇生(CPR)とAED」「救急隊、病院での救命処置」を途切れることなく迅速につなげることで、「救命の連鎖」を実現し、救命率を向上させることを目指すもの。

実験の概要としては「コレド室町1の建物内において、周囲に人がいない状況下で、心肺停止状態になった場合」を想定して行なわれた。

①コレド室町1のエントランスにおいて、男性(急病人)が卒倒。防犯カメラ画像を通じてAIがこれを検知し、情報連携を高度化するシステム「Cisco Spark」を通じて建物管理者(防災センター、巡回管理要員)へ通知。

防犯カメラ画像を通じ、急病人をAIが検知する様子

②防災センターから「Cisco Spark」を通じて、Wi-Fiによる位置情報から把握した現場に最寄りの巡回管理要員に急行を指示。並行して「Coaido119」を通じて防災センターから一般来街者の救命スキル保持者への支援も要請。

防災センターの「Spark」にコレド室町1に急病人発生の通知がいく様子


③巡回管理要員や防災センター要員が駆けつけて救命を開始。同時に救命スキルを保持した来街者が「Coaido119」を通じて支援要請を受信し、現場に駆けつけて救命に参加。

「Coaido119」の通知画面


④コレド室町1の裏口に救急隊が到着。巡回管理要員が「Cisco Spark」を通じて救命履歴や状況を把握し、救急隊員に伝達しつつ、現場へ誘導する。

救命現場の管理要員からヒアリングした救命履歴や状況を「Cisco Spark」に書く様子


このように、救命率向上を目指しカメラ・AIやネットワークシステム・救命アプリを連携させて街全体で「救命の連鎖」をつなぐのは日本初の試みだという。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。