IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.03.20

Alexaを利用して音声注文ができる居酒屋が登場。まずは実証実験からで体験したい人は予約が必要

Powered by

Amazon Echoに話しかけて飲み物メニューを注文できる専用席の実証実験 日本国内でも有数のロボット/AIアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介)と、都内を中心に和食からエスニック料理まで幅広い飲食店を30店舗を運営する株式会社ロイヤルダイニング(本社:東京都国分寺市、代表取締役社長:井上 武夫、以下「ロイヤルダイニング」)は、この度、居酒屋にてスマートスピーカー「Amazon Echo Dot(アマゾン・エコー・ドット)」を設置し、音声でメニュー注文を行う実証実験として、2018年3月19日からAmazon Alexaオーダー専用席の予約を開始しました。 現在、少子高齢化に伴う労働力不足が社会的課題があり、特に飲食店においては人材不足は喫緊の課題となっております。そこで、ヘッドウォータースは、飲食店での卓上で活躍する音声認識アシスタントに注目し、目新しさによる"集客"と、店舗省人化運用、音声レコメンドによるアップセルを目的とした、実店舗でのスマートスピーカー活用モデルを打ち立て、音声認識対応デバイスによる接客対応アプリケーションによる業務省人化に挑んでおります。 ◆実証実験について ・実施日:2018年3月19日(月)~ ・実施場所:天空の月 渋谷 〒150-0040 東京都渋谷区円山町5-18 道玄坂スクエア3F ・URL: http://royal-dining.com/portfolio/tenkunotsuki_shibuya ・ご予約について: Tel: 03-5784-9966 ※Alexa(アレクサ)オーダー席の予約とお伝えください。 ・実施方法:  ロイヤルダイニングが運営する、天空の月渋谷店において、Amazonが提供する音声認識アシスタント「Amazon Alexa」搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」(以下、Echo)と、株式会社ヘッドウォータースのクラウドサービス「Multi AI Platform」を連携させて独自開発したSkillを活用し、居酒屋においてスマートスピーカー活用の実証実験を行います。 「Echo」に、「アレクサ、飲み物メニューを開いて」、と話しかけた後に、Alexaオーダー向けの飲み物メニューから任意のドリンクと個数を音声で頼む事で、音声認識アシスタント「Alexa」が注文を受付けます。注文内容は厨房スタッフにチャット通知されており、人を介在させないまま注文が完了。あとは待つだけで飲み物が運ばれて来ます。 オーダー途中の「やっぱやめた」、「メニューや個数の変更」も対応しております。「アレクサ、天空の月アプリを開いて」と話しかけて、「店員さんを呼ぶ」、「お会計」、「オススメ」向けの案内も行うことが可能です。 オーダーログ取得を行うことで、Alexaの話し方や提案内容によって生じるユーザーの反応や購入傾向の変化を解析し、音声UI体験と店舗オペレーションの共存化・最適化のポイントを計っていきます。独自開発した飲み物オーダーSkillは、Alexa Skill Storeにfor Businessとして申請済みで、法人専用のプライベートスキルとして利用し、2台目以降のAlexa対応デバイスにSkillの有効化をするだけで水平展開ができる仕組みとなっております。 事前の概念実証においては、通常のオーダー方法と比較した場合、店舗スタッフの労力は、およそ50%減しております。 本取組の紹介ページ:http://www.headwaters.co.jp/service/ai/smart_speaker/alexa_seat.html ◆今後について  今後は、音声聞き取り対応メニュー数の増加、日本酒や料理の説明機能、POSと連携させた注文管理、「暇つぶし」の雑談相手機能、音声注文の決済連携、モバイルアプリからの音声予約などの取組を行っていきます。 ヘッドウォータースは、コミュニケーションロボットで培った音声UI、対話シナリオUXノウハウを活用し、法人向けに場面に沿ったスマートスピーカーの更なる有効活用場面を創造していき、各企業との共創でAI活用を推進していきます。 ■「Multi AI Platform」とは ヘッドウォータースはマルチAIプラットフォームを活用する事で、AIプロジェクトにおけるデジタル領域の高速開発を可能とし、様々な企業の「AI化」の支援を行っております。 クラウド上に「インテリジェンスアプリケーション」を用意し、IoTデバイスやWebサービスを横断的にデータ連携させる事で、企業が保有しているデジタル資産を使ったAIの学習サイクル化とマルチチャネル・マルチデバイス化による展開が可能です。 紹介サイト: http://www.headwaters.co.jp/service/ai/platform.html 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由
セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始
ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催
ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止
業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。