IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.03.20

IoTとAIでトイレを収益化する実証実験がスタート
緊急事態に右往左往しなくて済む混雑情報サービス

BY

楽しいショッピングの最中、不意に訪れる緊急事態——。しかし、駆け込んだトイレには順番待ちの列が。絶望とともに、空いている場所を探して売り場を右往左往なんて経験はないだろうか。

そんな悲劇をさけるべく、このたび丸井グループとAGC旭硝子、バカンの三社は共同でトイレの空席情報配信サービスの実証実験を行なうことを発表した。この実験は、バカンがIoTとAIを活用して展開するトイレや授乳室の空き状況をリアルタイムに案内する技術を基にしたもの。

各階のトイレの個室に取り付けたセンサーが利用状況を判断し、リアルタイムでその情報を離れた場所にあるデジタルサイネージに反映。これにより利用客はその場に行かずともトイレの空き情報がわかるというものだ。

有楽町マルイ2階の女性トイレ内に、ガラスに液晶ディスプレイを直接貼り付けたAGC旭硝子の薄型サイネージ「infoverre」を利用。これによって余計な場所を取ることなくトイレの空き情報を提供する。また、混雑しない時間帯には、バカンのデジタルサイネージ最適化技術「VDO」によってAIが広告配信に切り替えるという。この取組みによって、トイレの混雑緩和を実現するとともに、広告配信による収益拡大につなげていきたいとしている。

[実証実験概要]
開催期間:2018年3月23日(金)〜5月21日(月)
センサー設置場所:女性トイレ2〜4階、みんなのトイレ4・6・8階、授乳室5階
デジタルサイネージ:2階女性トイレ内(1台)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

プロセッサコア以外で勝負に出始めたArm
Sigfoxブースはスポーツバイクの盗難防止や落石管理など事例満載
KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
IBM、Oniqua Holdingsを買収--産業用IoTなど強化へ
DX活用で働き方改革・第2幕へ――ビデオ、AI/IoTをオフィスに埋め込む
KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。