IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.03.20

IoTとAIでトイレを収益化する実証実験がスタート
緊急事態に右往左往しなくて済む混雑情報サービス

BY

楽しいショッピングの最中、不意に訪れる緊急事態——。しかし、駆け込んだトイレには順番待ちの列が。絶望とともに、空いている場所を探して売り場を右往左往なんて経験はないだろうか。

そんな悲劇をさけるべく、このたび丸井グループとAGC旭硝子、バカンの三社は共同でトイレの空席情報配信サービスの実証実験を行なうことを発表した。この実験は、バカンがIoTとAIを活用して展開するトイレや授乳室の空き状況をリアルタイムに案内する技術を基にしたもの。

各階のトイレの個室に取り付けたセンサーが利用状況を判断し、リアルタイムでその情報を離れた場所にあるデジタルサイネージに反映。これにより利用客はその場に行かずともトイレの空き情報がわかるというものだ。

有楽町マルイ2階の女性トイレ内に、ガラスに液晶ディスプレイを直接貼り付けたAGC旭硝子の薄型サイネージ「infoverre」を利用。これによって余計な場所を取ることなくトイレの空き情報を提供する。また、混雑しない時間帯には、バカンのデジタルサイネージ最適化技術「VDO」によってAIが広告配信に切り替えるという。この取組みによって、トイレの混雑緩和を実現するとともに、広告配信による収益拡大につなげていきたいとしている。

[実証実験概要]
開催期間:2018年3月23日(金)〜5月21日(月)
センサー設置場所:女性トイレ2〜4階、みんなのトイレ4・6・8階、授乳室5階
デジタルサイネージ:2階女性トイレ内(1台)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。