IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.03.16

もう「docomo」じゃない。IIJのフルMVNOが始動、個人向けも夏に

Powered by

IIJは、ドコモの3G/LTE回線を利用した「フルMVNO」サービスを開始しました。本日(3月15日)より法人向けサービスを、4月2日には訪日外国人向けプリペイドSIMを提供します。 独自にSIMを発行できる「フルMVNO」 「フルMVNO」は、MNO(大手キャリア)の回線に縛られずに、より柔軟な通信サービスを展開するための仕組みです。従来のMVNOは、MNOから貸与されたSIMをユーザーに提供し、MNOの加入者管理システムを間借りしてサービスを展開していました。 一方の「フルMVNO」では、独自にSIMカードを発行したり、独自の加入者管理システムを保有可能に。さらに、国内外のさまざまなネットワークに接続し、ローミングも安価に提供できるメリットもあります。 フルMVNO化により、SIMの開通も自由に制御可能に。そのメリットとして挙げられたのが、SIMのサスペンド(休止)機能です。例えば田んぼをIoTセンサーで管理する場合、稲作の時期だけ回線をアクティブにし、それ以外は回線を休止させて月額料金を抑える... といったことも可能です。 ▲回線 の「アクティブ」「サスペンド」を自在に切り替えられる また、独自にSIMカードを発行できるため、アンテナピクト表示は「docomo」から「IIJ」に変更。さらに、遠隔で書き換えられるeSIMや、チップ型SIMも提供可能となり、法人向けのIoT回線との親和性の高さもアピールします。​​​​その他、遠隔でSIMを書き換えられる利点を活かし、海外キャリアとの直接接続による安価な海外サービスの提供も検討します。 ▲アンテナピクトは「docomo」 から「IIJ」に ▲海外キャリアとの直接接続による安価な海外サービスも検討 ​​​​​​個人向けは夏めどに展開 ​​​​​このフルMVNOを使った新サービスが、法人向けの「IIJモバイル/タイプI」、および訪日外国人向けの「Japan Travel SIM」です。 「IIJモバイル/タイプI」は、前述のサスペンド機能など、IoT向けの機能を織り込んだ点が特徴。さらに、2018年度上期をめどに国際ローミングも提供します。一方の「Japan Travel SIM」は、サービス内容は従来と代わり映えしないものの、裏側にあるSIMのライフサイクル管理などにフルMVNO化の利点があるといいます。 ​​​​​ ▲IIJモバイル/タイプIの料金プラン詳細 ▲訪日外国人向けのJapan Travel SIMは4月2日に発売 個人向けの格安SIMサービス「IIJmio」のフルMVNO版についても「2018年夏の暑くなる前までには」開始する方針。なお、フルMVNO化すると、通常、SIMロック解除不要で使えるドコモのスマートフォンでもSIMロック解除が必要になるとして、既存のサービスも並行して提供するとしています。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。