IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.20

AIに仕事を奪われないためにできること。高まる期待と不安は
仕事においてAIへ感じる期待や不安について調査結果が発表された

BY

2月19日、ディップが運営する総合求人サイト「はたらこねっと」で、同サイトのユーザーを対象に実施された調査「はたらこねっとユーザーアンケート –仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について–」の結果が発表された。

同調査では「人がAIではできない仕事をするために、今後身に付けようとしている知識やスキルはありますか?」といった具体的な設問も用意されており、興味深い結果となっている。

さらに同社が運営するAI専門メディア「AINOW」編集長、亀田重幸氏による調査結果への見解も公開されているため、そちらもあわせて紹介していこう。

Q1.AIが進化することに対して期待していますか?不安に感じますか? 

(画像はプレスリリースより引用)

「期待している」56%、「不安に感じる」44%と、過半数がAIの進化に期待していることが分かる。

Q2.仕事においてAIに期待していることを教えてください。

(画像はプレスリリースより引用)

仕事においてAIに期待していることの1位は「エラーやミスをあらかじめ知らせてくれる」(64%)、2位は「必要な情報を集めてくれる」(48%)、3位が「自動で集計をしてくれる」(43%)。

人の目だけでは見逃してしまいがちな部分の補佐や、昨今流行の「自動化」で業務の効率化に一役買って欲しい、という期待が寄せられているようだ。

この結果について、亀田氏は以下のようにコメントしている。

【AIに期待することについて】
AIには大きく2つの効果を期待しています。1つは自動化や判断による「業務支援」、もう1つはデータに基づく「予測」です。「業務支援」においては、自動化が進むことで人員の配置が必要なくなり、アウトプットまでに要していた時間も短縮できます。「予測」においては、熟練の経験者が行なっていた作業が定量化され、経験が浅くても経験者と同じレベルの成果が出せるようになります。(「AINOW」編集長 亀田氏)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?
積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。