IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.20

AIに仕事を奪われないためにできること。高まる期待と不安は
仕事においてAIへ感じる期待や不安について調査結果が発表された

BY

2月19日、ディップが運営する総合求人サイト「はたらこねっと」で、同サイトのユーザーを対象に実施された調査「はたらこねっとユーザーアンケート –仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について–」の結果が発表された。

同調査では「人がAIではできない仕事をするために、今後身に付けようとしている知識やスキルはありますか?」といった具体的な設問も用意されており、興味深い結果となっている。

さらに同社が運営するAI専門メディア「AINOW」編集長、亀田重幸氏による調査結果への見解も公開されているため、そちらもあわせて紹介していこう。

Q1.AIが進化することに対して期待していますか?不安に感じますか? 

(画像はプレスリリースより引用)

「期待している」56%、「不安に感じる」44%と、過半数がAIの進化に期待していることが分かる。

Q2.仕事においてAIに期待していることを教えてください。

(画像はプレスリリースより引用)

仕事においてAIに期待していることの1位は「エラーやミスをあらかじめ知らせてくれる」(64%)、2位は「必要な情報を集めてくれる」(48%)、3位が「自動で集計をしてくれる」(43%)。

人の目だけでは見逃してしまいがちな部分の補佐や、昨今流行の「自動化」で業務の効率化に一役買って欲しい、という期待が寄せられているようだ。

この結果について、亀田氏は以下のようにコメントしている。

【AIに期待することについて】
AIには大きく2つの効果を期待しています。1つは自動化や判断による「業務支援」、もう1つはデータに基づく「予測」です。「業務支援」においては、自動化が進むことで人員の配置が必要なくなり、アウトプットまでに要していた時間も短縮できます。「予測」においては、熟練の経験者が行なっていた作業が定量化され、経験が浅くても経験者と同じレベルの成果が出せるようになります。(「AINOW」編集長 亀田氏)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始
三菱重工航空エンジン、SASのAIテクノロジーでスマートファクトリー化を促進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。