IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.20

AIに仕事を奪われないためにできること。高まる期待と不安は
仕事においてAIへ感じる期待や不安について調査結果が発表された

BY

2月19日、ディップが運営する総合求人サイト「はたらこねっと」で、同サイトのユーザーを対象に実施された調査「はたらこねっとユーザーアンケート –仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について–」の結果が発表された。

同調査では「人がAIではできない仕事をするために、今後身に付けようとしている知識やスキルはありますか?」といった具体的な設問も用意されており、興味深い結果となっている。

さらに同社が運営するAI専門メディア「AINOW」編集長、亀田重幸氏による調査結果への見解も公開されているため、そちらもあわせて紹介していこう。

Q1.AIが進化することに対して期待していますか?不安に感じますか? 

(画像はプレスリリースより引用)

「期待している」56%、「不安に感じる」44%と、過半数がAIの進化に期待していることが分かる。

Q2.仕事においてAIに期待していることを教えてください。

(画像はプレスリリースより引用)

仕事においてAIに期待していることの1位は「エラーやミスをあらかじめ知らせてくれる」(64%)、2位は「必要な情報を集めてくれる」(48%)、3位が「自動で集計をしてくれる」(43%)。

人の目だけでは見逃してしまいがちな部分の補佐や、昨今流行の「自動化」で業務の効率化に一役買って欲しい、という期待が寄せられているようだ。

この結果について、亀田氏は以下のようにコメントしている。

【AIに期待することについて】
AIには大きく2つの効果を期待しています。1つは自動化や判断による「業務支援」、もう1つはデータに基づく「予測」です。「業務支援」においては、自動化が進むことで人員の配置が必要なくなり、アウトプットまでに要していた時間も短縮できます。「予測」においては、熟練の経験者が行なっていた作業が定量化され、経験が浅くても経験者と同じレベルの成果が出せるようになります。(「AINOW」編集長 亀田氏)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

積水化学、Secualと共同でIoT活用のスマートタウンマネジメント推進
IoT人気記事ランキング|AIというバズワードに惑わされるな、広島県のAI・IoTエコシステム「ひろしまサンドボックス」が始動、渋谷区と連携し、地方と都市の”共創”を推進など[/-/]
ソニー、スマートセンシングプロセッサ搭載ボード
「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」の提供がスタート
効率的なプロジェクト管理を実現するコラボツール「DERAWORX」 - 2018 Japan IT Week春より
IoTデバイス向けBLEルータを開発する福岡のBraveridge、ジャフコから5億円を資金調達
インテル、コラボレーションセンター開設…VR技術導入の運転シミュレーター設置
Googleがスタンドアロン型のARヘッドセットを開発中との噂。クアルコムのIoT向けSoCを搭載か
金沢工業大、e-テキスタイル技術とIoTスマートシューズで地域高齢者の健康と見守りを支援
IoT機器からのイベントを効率的に処理――キヤノンITS、イベント駆動型アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ」発売
広島県、ソフトバンクやNTT西日本とAPIで連携して、AI・IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」を開始
2020年までにIoTセキュリティにケリをつける方法論を展開:5月24日開催【SIOTP協議会主催】IoTセキュリティセミナー開催のご案内
KDDIと村田製作所、IoTでコミュニケーション活性化の実証実験
積水化学とSecualが資本業務提携、スマートタウンマネジメント事業に参入
IoTデバイスをセキュアにするMicrosoft Azure Sphere
【ワイヤレスジャパンが今週開催】IoT時代へのシフトを急げ!LPWA、5Gが実現する未来がここに

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。