IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.02.14

一番人気のスマートスピーカーは? 意外な3位も判明
調査結果から読み解く、スマートスピーカー最新事情

BY

何かと話題のスマートスピーカー(AIスピーカー)。普及し始めてはいるが、Amazon Echoシリーズなどは未だ招待制の販売をしていることもあり、所有者は多くないだろう。

加えて、スマートフォンやウェアラブルデバイスと違い、スマートスピーカーは基本的に自宅に据え置いて使用する製品。街中を見回してみても、実際は今どれだけの利用者がいるのかは見えてこない。

搭載されている音声アシスタントだけでもGoogleアシスタントにAmazon Alexa、LINE Clovaと複数存在することもあり、「気になってはいるけど、結局どれが一番良いの?」と悩んでいる読者も少なくないだろう。

そこで今回は、モニタスが1月30日に発表した「スマートスピーカーについての調査」の結果を紹介しよう。

全国の15~69歳の男女約1,000名(有効回答数1,005名)を対象に行なわれた同調査では、認知率や購入率だけでなく、最も人気のあるスマートスピーカーの機種についてのアンケートも取られている。

(画像はプレスリリースより引用)

まずは「スマートスピーカーを知っていますか?」という問いに対する答え。さらにプレスリリースによると、上記結果の年代別の内訳を見ると「詳しく知っている」の割合は15~19歳で35.7%、50~59歳で16.1%と倍以上の差が開いているとのことだ。やはり若年層の方がテクノロジーへの関心が高い。

(画像はプレスリリースより引用)

そして所有率。2.2%とやはり高くない。しかし、注目すべきは56.6%と購入検討意向層が半数以上を占めていることだ。プレスリリース本文によれば、購入検討意向者の内訳は「周囲の様子をみてから買うかを決めたい」と回答した人が39.7%であり、冒頭で述べた通り「興味はあるけど、もう少し様子見したい」層が非常に多いようだ。

また、スマートスピーカーに期待することについて最も多かったのは「家電が便利に使える」で37.3%。CMやPR動画のように一声でテレビや家中の電気を消すなどの、いわゆる「スマート家電」を声で操作することに憧れを感じる層は多いのだろう。続く2位は「好きな音楽を便利に聴ける」で31.9%。また、「特にない」も24.8%と比較的多いことにも注目したい。依然としてスマートスピーカーに対し「具体的に何ができるのかよく分からない」という層が多い事が伺い知れる結果だ。

最後に、気になる人気機種を見てみよう。

(画像はプレスリリースより引用)

結果はGoogle Homeが65.6%と首位。それを追いかけるAmazon Echo(59.9%)という構図だ。Google Homeは日本上陸がEchoよりも早かったことや、大々的な広告戦略や家電量販店でのキャンペーンなどが知名度向上につながったのだろう。

57.1%でAmazon Echoと僅差で3位となったソニー「LF-S50G」は、Googleアシスタントが搭載されたスマートスピーカー。音声だけでなくジェスチャーでの操作も可能という、特徴的な機種だ。また、オンキヨーはGoogleアシスタントを搭載した機種とAmazon Alexaを搭載した機種、どちらも販売している。

この二社のスマートスピーカーは音質の高さも売りとされており、「どうせ買うなら、スピーカーとして良い品質の物を」という需要が反映されていると推測できる。多くの購入検討層にとって「何ができるかよく分からない」以上、言ってしまえば潰しの利くスピーカー性能に注目するのは当然の流れとも言えよう。

さらに、日本発売日未定にも関わらずAppleの「HomePod」もなかなかの人気だ。この分では、HomePodの日本発売まで買い控えをしている「Appleファン」はかなり多いのではないだろうか。こちらも高音質が売りの製品だ。

逆に気になるのが、LINEの「Clova WAVE」。先行販売も含めると、この中では最も日本での販売開始が早かったにも関わらず、今回は最下位(36.6%)という結果に。

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」搭載の「Harman Kardon Invoke」は、昨年10月22日に米国で発売されたスマートスピーカー。上図に挙げられている中では最も日本の認知度が低そうだが、確実にそれよりも認知度が高いはずのClova WAVEよりも人気なのだ。

IoT Todayでも度々独自進化の可能性を指摘してきたClova WAVE。市場シェア拡大を狙うには、AppleやMicrosoftのスマートスピーカーが日本上陸する前に手を打たないと、いっそう苦戦を強いられることになりそうだ。

サードパーティ製品もラインナップに加わり、ますます賑やかになるスマートスピーカー市場。製品ごとの特性を見極めて、後悔のない一台を選びたい。


・株式会社モニタス「スマートスピーカーについての調査」
https://monitas.co.jp/smartspeaker

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、自治体が持つデータをオープンデータ化するサービスを自治体向けに提供 | IT Leaders
セキュアIoTプラットフォームの確立を支援へ、総務省の「IoTセキュリティ総合対策」レポート
近畿大・豊田通商・マイクロソフト、養殖稚魚の選別をAIとIoTで効率化
【前編】政治家 小林史明氏が語るテクノロジー実装社会、IoT・AIで「ヒト起点の政策」をつくる
IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]
日立、「地域IoT連携クラウドサービス」を自治体向けに販売開始
産業用IoTソフトウェアプラットフォームのリーダー企業とその強みとは--Forrester
Google Cloud PlatformがEdge TPUとClout IoT Edgeをリリース
アライドテレシス、IoT対応を見据えたネットワーク統合管理製品「AMF Cloud」
ものづくりのポテンシャルとIoTの可能性が未来を拓く! 8/23「北九州でIoT」東京説明会(TeNKYU&採択チーム講演)
日本のものづくり最前線、「研究開発型」町工場の躍進の秘訣を探る -由紀精密社長 大坪正人氏インタビュー
アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。