IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.01.31

「耳で読む」は当たり前?オーディオブック流行の兆し
スマートスピーカーが種をまいた、もう一つのブームとは

BY

1月24日、Google Play ストアでオーディオブックの提供が開始された。また同時に、同社のスマートスピーカー(Google Home)をはじめとするGoogleアシスタント搭載デバイスによる「朗読」にも対応したが、こちらは現在のところ英語のGoogleアシスタントのみの対応となっている。

オーディオブックとはその名の通り、耳で聴く本。紙の本を朗読し、音声データにした物のことだ。通勤時間やランニング中、そして行列に並んでいる時などにも手軽に耳で「読書」することができるとあって、欧米では既に一大市場を築いている。

海外に比べると、日本ではあまり普及しているとは言えなかったオーディオブックだが、昨今のスマートスピーカー流行りなどもあってか、にわかに市場が盛り上がり始めていることをご存知だろうか。

Googleとタッグを組み、日本市場を牽引するFeBe

Googleの発表と日を同じくして、国内でオーディオブックの制作・配信を行なうオトバンクの「FeBe」とGoogleとの提携も発表された。FeBeで配信中の23,000点の中から、7,000点以上のオーディオブックを提供するという。オーディオブック愛好家にとってはお馴染みのFeBeだが、今回の提携により、コンテンツによっては購入先を選択できるようになるわけだ。

2007年からオーディオブックを配信している、日本最大のオーディオブック配信サービスFebe。1月19日に発表されたオトバンクのニュースリリースによると、FeBeの新規登録者数は2016年から2017年にかけて大幅に増加しており、前年比約3倍。単月での新規登録者数は、前年同月比にして5倍となる月もあったという。音声による情報収集のニーズが急速に高まっていることがよく分かる結果だ。

(画像はニュースリリースより)

FeBeは2017年、定期的な長編名作の配信の他、落語や語学コンテンツなど配信ジャンルの拡大に力を入れた。また、ビジネス書のベストセラーもいち早く音声化しており、トーハンの2017年「ビジネス書単行本ランキング」ベスト10にランクインしている作品のうち7作品を配信している。同「年間ベストセラー総合」で1位となった作品もオーディオブック化している。

(画像はニュースリリースより)

(画像はニュースリリースより)

こうした取り組みに加え、昨年はスマートスピーカーを始めとした「音声認識・音声操作」流行りも会員数増加を後押ししたと考えられる。

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

IoTニュース

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。