IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.01.31

「耳で読む」は当たり前?オーディオブック流行の兆し
スマートスピーカーが種をまいた、もう一つのブームとは

BY

1月24日、Google Play ストアでオーディオブックの提供が開始された。また同時に、同社のスマートスピーカー(Google Home)をはじめとするGoogleアシスタント搭載デバイスによる「朗読」にも対応したが、こちらは現在のところ英語のGoogleアシスタントのみの対応となっている。

オーディオブックとはその名の通り、耳で聴く本。紙の本を朗読し、音声データにした物のことだ。通勤時間やランニング中、そして行列に並んでいる時などにも手軽に耳で「読書」することができるとあって、欧米では既に一大市場を築いている。

海外に比べると、日本ではあまり普及しているとは言えなかったオーディオブックだが、昨今のスマートスピーカー流行りなどもあってか、にわかに市場が盛り上がり始めていることをご存知だろうか。

Googleとタッグを組み、日本市場を牽引するFeBe

Googleの発表と日を同じくして、国内でオーディオブックの制作・配信を行なうオトバンクの「FeBe」とGoogleとの提携も発表された。FeBeで配信中の23,000点の中から、7,000点以上のオーディオブックを提供するという。オーディオブック愛好家にとってはお馴染みのFeBeだが、今回の提携により、コンテンツによっては購入先を選択できるようになるわけだ。

2007年からオーディオブックを配信している、日本最大のオーディオブック配信サービスFebe。1月19日に発表されたオトバンクのニュースリリースによると、FeBeの新規登録者数は2016年から2017年にかけて大幅に増加しており、前年比約3倍。単月での新規登録者数は、前年同月比にして5倍となる月もあったという。音声による情報収集のニーズが急速に高まっていることがよく分かる結果だ。

(画像はニュースリリースより)

FeBeは2017年、定期的な長編名作の配信の他、落語や語学コンテンツなど配信ジャンルの拡大に力を入れた。また、ビジネス書のベストセラーもいち早く音声化しており、トーハンの2017年「ビジネス書単行本ランキング」ベスト10にランクインしている作品のうち7作品を配信している。同「年間ベストセラー総合」で1位となった作品もオーディオブック化している。

(画像はニュースリリースより)

(画像はニュースリリースより)

こうした取り組みに加え、昨年はスマートスピーカーを始めとした「音声認識・音声操作」流行りも会員数増加を後押ししたと考えられる。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始
GEとMicrosoftが提携を拡大、インダストリアルIoTソリューションを共同で推進
ウォルマートがマイクロソフトと戦略的提携--Azureなど活用、小売のデジタル変革加速へ
自宅の家電を一括管理、ホームIoT「ビックカメラ × with HOME」
MSYS、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトを提供
IoTセンサーで見守り、ファイルメーカー(国際モダンホスピタルショウ2018)
カメラセンサーを使ったIoTパーキングシェア ソフトバンクが10月下旬から開始
GMOあおぞらネット銀行が「新しい」インターネット銀行事業を開始 ~ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発も視野に
そのIoTはどこにつながっているのか?-塵も積もればプライバシー 【第4回】
マイクロソフトとGEが連携拡大--産業用IoT導入加速へ
OKI、IoTやAIで店舗のデジタル変革を支援する「Enterprise DX」ソリューション

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。