IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.30

今後の新たな広告手法「会話広告」で日本が"ぶち上がる"
会話広告「fanp」展開のZEALSが累計5億円を調達

会話広告「fanp (ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)が、ジャフコとフリークアウトから総額約 4.2 億円を調達したと発表した。 今回の調達によってZEALSの累計調達額は、約5億円にのぼる。

ZEALSは「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」をミッションに掲げ、「会話広告」という新たな広告概念を打ち立てた「fanp」を展開している。調達した資金によって展開を一層加速することで、会話広告という新たな広告領域で圧倒的No.1を目指すという。

ZEALS代表取締役 清水正大氏

「会話広告」とはチャット上でユーザーに商品やサービスを"会話"を通じて紹介し、購入や登録ができる新たな広告手法。「fanp」では、購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標のCVR(コンバージョンレート)が、広告やリンクをクリックした際に表示されるページとなるLP(ランディングページ)のCVRに比べて 7倍となっていると発表している。これまでの広告手法と比べて大きな効果が得られており、人材・保険・不動産・ECといった業種の大手各社に利用されているという。

Facebook広告を例に見てみると、バナーやタイムライン上に流れてくる広告をクリックすることでLPへ遷移するような仕組みになっている。しかし、fanpでは広告をクリックするとLPに飛ぶ代わりにFacebook Messengerのチャットボットが立ち上がる。ユーザーはそのチャットボットとのやり取りを通じて、広告を出稿した企業の商品の理解を深めるというわけだ。

現在はFacebookメッセンジャーのみの展開となっているが、スマートスピーカーへの応用も期待できる。例えば歴史について知りたいと思い、スマートスピーカーに対して「〇〇の歴史について知りたい」と問いかけたとしよう。簡単な概要とともに「〇〇の歴史について学ぶのにオススメの書籍『XXX』を購入しますか?」などという提案がされることも想像できる。

2月9日にはアップルからHomePodも発売され、さらなる盛り上がりが期待されるスマートスピーカー業界。それらと親和性の高い会話広告で産業革命が起こり、日本がぶち上がるのを期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】
国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査
オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供
NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に
日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders
街路灯をSigfoxでIoT化、オプテックスが杉並区で実証実験
Gunosy、データ利活用を促進する専門組織「Gunosy Tech Lab」を新設 
離農時代を救う「アグリテック」注目はIoTとAIーースタートアップが語る注目テクノロジー/笑農和代表取締役 下村豪徳氏
IoTでアワビを陸上養殖、KDDIと浜松市が連携
IoTシステムをDIY感覚で設計でき、AWSと連携できるオープンソースプロジェクト「Degu」が発足 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。