IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.30

今後の新たな広告手法「会話広告」で日本が"ぶち上がる"
会話広告「fanp」展開のZEALSが累計5億円を調達

会話広告「fanp (ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)が、ジャフコとフリークアウトから総額約 4.2 億円を調達したと発表した。 今回の調達によってZEALSの累計調達額は、約5億円にのぼる。

ZEALSは「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」をミッションに掲げ、「会話広告」という新たな広告概念を打ち立てた「fanp」を展開している。調達した資金によって展開を一層加速することで、会話広告という新たな広告領域で圧倒的No.1を目指すという。

ZEALS代表取締役 清水正大氏

「会話広告」とはチャット上でユーザーに商品やサービスを"会話"を通じて紹介し、購入や登録ができる新たな広告手法。「fanp」では、購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標のCVR(コンバージョンレート)が、広告やリンクをクリックした際に表示されるページとなるLP(ランディングページ)のCVRに比べて 7倍となっていると発表している。これまでの広告手法と比べて大きな効果が得られており、人材・保険・不動産・ECといった業種の大手各社に利用されているという。

Facebook広告を例に見てみると、バナーやタイムライン上に流れてくる広告をクリックすることでLPへ遷移するような仕組みになっている。しかし、fanpでは広告をクリックするとLPに飛ぶ代わりにFacebook Messengerのチャットボットが立ち上がる。ユーザーはそのチャットボットとのやり取りを通じて、広告を出稿した企業の商品の理解を深めるというわけだ。

現在はFacebookメッセンジャーのみの展開となっているが、スマートスピーカーへの応用も期待できる。例えば歴史について知りたいと思い、スマートスピーカーに対して「〇〇の歴史について知りたい」と問いかけたとしよう。簡単な概要とともに「〇〇の歴史について学ぶのにオススメの書籍『XXX』を購入しますか?」などという提案がされることも想像できる。

2月9日にはアップルからHomePodも発売され、さらなる盛り上がりが期待されるスマートスピーカー業界。それらと親和性の高い会話広告で産業革命が起こり、日本がぶち上がるのを期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。