IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.30

ドローンはどこなら飛ばせるの? そんな疑問をアプリで解消
ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」がリリース

ドローンに関する話題は「IoT Today」でもたびたび取り上げているが、農業をはじめ、施設点検、測量など様々な場面で利用されている。

上空からのダイナミックな画が撮影できるということでミュージックビデオなどでも多用されており、目にしたことがある人も多いだろう。

国内でドローンを飛ばす際は国が定めた航空法にのっとり、飛行する高度や禁止区域に指定されていないかに注意しなければならない。実施したことがある人なら共感してくれると思うが、国土交通省のホームページを訪問し、飛行可能か否かをチェックするのは煩わしさを感じる。

そんな中、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdoが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかを、チェックできるスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」をリリースした。

「ドローン飛行チェックアプリ」では、国土交通省が定める人口集中地区(DID)、空港やヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べる機能を搭載している。

また、航空法123条その2に記載されている、「 [1]日中(日の出から日没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も備えている。

無人航空機の飛行許可が必要となる空域

この「ドローン飛行チェックアプリ」は、現在日本語のみに対応しているというが、今後は、国際的なイベント等の開催により訪日外国人旅行者の増加が見込まれるため、英語をはじめとした多言語化にも対応していく予定だという。

「ドローン飛行チェックアプリ」の登場によって、ドローンを飛ばして良いか否かの判断をする際の煩わしさが軽減されることだろう。

現在の航空法では通常飛行禁止のエリアでも、地方航空局長の許可や承認があれば飛行させることができる場所も存在する。このアプリを通じて許可申請までできるようになれば、より手軽にドローンを飛行させることができるのではないだろうか。「ドローン飛行チェックアプリ」に、そのようなアップデートの発表があることを期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」
生体IoTが高齢化救う!インプラント型無線センサーで新時代到来
ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。