IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.01.20

動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム

Powered by

  Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。ウェアラブルEXPO、帝人フロンティアブースには初公開となる配線せずに通信や給電が可能なウェアラブルシステムが展示されていました。担当者の話を聞いたので動画をどうぞ。 もともとRFID用の二次元通信の仕組みを開発していた帝人は、この技術を洋服に転用できないかと検討。格子状の銀繊維が張り巡らされた布を洋服にすることで、センサーやアクチュエーターを自由にいくつでも脱着可能なウェアを開発しました。この布はウェアラブルセルフォームというもので、ブースでは全身に振動子を備えたVR用の触覚ジャケットを披露していました。 帝人ではオープンプラットフォーム型での展開を目指しており、例えばスポーツメーカーやゲームメーカーなどと組んで開発していきたい考えを示しています。また、将来的には電子工作と手芸をかけ合わせたような自由なプラットフォームを目指すとしおり、新たなIoTのインターフェイスになるかもしれません。  

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。