IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.01.15

「ブロックチェーンに繋がるEV充電器」メリットは? 約12万円で9月出荷

Powered by

IoT開発を手がけるジゴワッツは1月12日、ブロックチェーンに繋がる多機能型EV用充電器『Ella』(エラ)を発表しました。希望小売価格は12万1000円(税別)で、本日より受注開始。出荷は9月21日を予定します。 『Ella』は、Wi-Fiもしくは3Gモジュール(オプション)を搭載し、ブロックチェーン上の仮想通貨の取引が確認できるEV用充電器です。車充電時の売上げの一部を暗号通貨で設置場所の提供者に還元したり、設置者が独自の認証課金基盤を構築したりできるもの。現時点では仮想通貨イーサリアムのネットワークに直接接続し、スマートコントラクトを利用した自立型の認証課金インフラを構築することが可能だといいます。 なおブロックチェーンといえば、ビットコインをはじめとする仮想通貨の根幹をなす分散型台帳技術。これをEV充電器に適用する意義について、開発元のジゴワッツ柴田氏は次のように説明します。 「弊社の関連会社のJigowatts OÜ (本拠地エストニア)で本充電器を設置し、世界規模でインフラサービスを行う予定です。その際、設置場所の提供者に対し電気代相当の対価を支払うことも想定されています。従来ですと設置先ごとの振込先を把握し、それぞれに国を超える場合は国際送金の手数料を支払い銀行振り込みする必要がありました。今回の充電器を使うことで、われわれはその充電器が誰の手元にあるかを確認することなく、充電器のウォレットアドレス宛に直接送金が可能になります。これにより、送金先確認の事務作業と振り込みに関わる手数料が大幅に削減できると考えています」(ジゴワッツ 柴田氏) 充電出力は4.8kW(国内仕様は3.2kW)、本体サイズは128 x 80 x 85mmです。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。