IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.11

今度は靴! 続々登場、AI搭載ウェアラブルデバイス
日本のスタートアップ企業によるIoTシューズのプラットフォーム

BY

1月8日(月)、no new folk studioはスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表した。

東京都千代田区に本社を置くスタートアップ企業であるno new folk studioが開発したORPHE TRACKは、既存の靴をAI搭載のIoTシューズにするためのプラットフォーム。

靴に搭載されたAIが利用者の足の動きのデータを機械学習し、ランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスを行なってくれる。運動能力や健康状態と密接な関係にある「歩き」や「走り」を精密に記録して解析することで、生活の変革を目指すというものだ。

ORPHE TRACK: The world's first SHOE LOG PLATFORM

ORPHE TRACKの核は、AI搭載のセンサーモジュール「ORPHE CORE」。ORPHE COREは靴から取り出して交換できる。コアとなる電子部品を交換して使い続けられるのは経済的であり、大きな利点だろう。

 

ORPHE CORE(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE COREは6軸モーションセンサー、気圧センサー、振動モーターに加えてSTマイクロエレクトロニクス社製のマイクロコンピューター「STM32L4+」シリーズを内蔵することで、低消費電力かつ高速処理、かつリアルタイムでの高精度な運動解析とフィードバックを可能にしている。no new folk studioのスマートフットウェアの「らしさ」でもある(後述)側面のLEDは、着用者の行動に応じて変化する。

さらに、各靴メーカー向けにORPHE TRACKプラットフォーム適合の靴をデザインするためのフレームワーク「ORPHE FRAMEWORKS」を用意。これを用いることで他メーカーもORPHE COREを内蔵できる靴を作ることが可能だ。

ORPHE FRAMEWORKS イメージ(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE FRAMEWORKSが広く利用されるようになれば、靴メーカー単独で行なうことは難しい内蔵デバイスやソフトウェアの開発をno new folk studioが引き受ける形となる。普及が遅れる靴のIoT化を合理的に進めていくことができるだろう。

現在ラスベカスで開催中(1月9日~12日開催予定)の、世界最大の家電見本市CES 2018では、ORPHE TRACKのデモンストレーションとコンセプトスニーカー、そして使用者の「歩き」や「走り」のフォーム解析を行なうアプリ「Gait Visualizer」の展示が行なわれている。

ORPHE TRACKやGait Visualizerにより、ランニングのケイデンス(時間あたりの歩数)やストライド(歩幅)プロネーション(足首の回転)を3D再現して分析できるとのこと。

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

IoTニュース

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由
セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始
ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催
ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止
業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。