IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.11

今度は靴! 続々登場、AI搭載ウェアラブルデバイス
日本のスタートアップ企業によるIoTシューズのプラットフォーム

BY

1月8日(月)、no new folk studioはスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表した。

東京都千代田区に本社を置くスタートアップ企業であるno new folk studioが開発したORPHE TRACKは、既存の靴をAI搭載のIoTシューズにするためのプラットフォーム。

靴に搭載されたAIが利用者の足の動きのデータを機械学習し、ランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスを行なってくれる。運動能力や健康状態と密接な関係にある「歩き」や「走り」を精密に記録して解析することで、生活の変革を目指すというものだ。

ORPHE TRACK: The world's first SHOE LOG PLATFORM

ORPHE TRACKの核は、AI搭載のセンサーモジュール「ORPHE CORE」。ORPHE COREは靴から取り出して交換できる。コアとなる電子部品を交換して使い続けられるのは経済的であり、大きな利点だろう。

 

ORPHE CORE(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE COREは6軸モーションセンサー、気圧センサー、振動モーターに加えてSTマイクロエレクトロニクス社製のマイクロコンピューター「STM32L4+」シリーズを内蔵することで、低消費電力かつ高速処理、かつリアルタイムでの高精度な運動解析とフィードバックを可能にしている。no new folk studioのスマートフットウェアの「らしさ」でもある(後述)側面のLEDは、着用者の行動に応じて変化する。

さらに、各靴メーカー向けにORPHE TRACKプラットフォーム適合の靴をデザインするためのフレームワーク「ORPHE FRAMEWORKS」を用意。これを用いることで他メーカーもORPHE COREを内蔵できる靴を作ることが可能だ。

ORPHE FRAMEWORKS イメージ(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE FRAMEWORKSが広く利用されるようになれば、靴メーカー単独で行なうことは難しい内蔵デバイスやソフトウェアの開発をno new folk studioが引き受ける形となる。普及が遅れる靴のIoT化を合理的に進めていくことができるだろう。

現在ラスベカスで開催中(1月9日~12日開催予定)の、世界最大の家電見本市CES 2018では、ORPHE TRACKのデモンストレーションとコンセプトスニーカー、そして使用者の「歩き」や「走り」のフォーム解析を行なうアプリ「Gait Visualizer」の展示が行なわれている。

ORPHE TRACKやGait Visualizerにより、ランニングのケイデンス(時間あたりの歩数)やストライド(歩幅)プロネーション(足首の回転)を3D再現して分析できるとのこと。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。