IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.28

2017年を振り返る「AI」関連記事3選
AIに仕事を奪われる日は来るのか

BY

2016年にGoogleやAppleなど大手テクノロジー企業から始まったAIを利用する製品やサービスは、2017年には中小含めた様々な企業からリリースされ、いよいよAIの利活用が本格的に始まろうとしていることが感じられるようになってきた。

来年に向けて各分野でますます普及が進むと考えられるAIだが、IoT Todayでも度々、取り上げてきた。今回は2017年公開した記事の中でも反響の大きかった記事を紹介したいと思う。

なお、AIスピーカーは別の記事に譲るとして、ここでは他領域で用いられているAIの記事を取り上げたい。

1:自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」

3月17日公開。2017年1月に米ラスベガスで開催されたCES(家電見本市)の主役が、これまでのウェアラブル/スマートフォンからAI/自動運転に代わったことから、今後の製造業のあり方を考察した記事。CESの基調講演をGPUメーカーの雄であるNVIDIAが務めた背景などを読み解けるような記事になっている。

2:AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機

7月10日公開。総務省などの調査データを基に、20世紀では「ものづくり大国」と呼ばれていた日本がAI分野ではなぜ、欧米に比べて出遅れているのかを考察した記事。そこには日本の独特の企業文化が影響していることを伺い知れる内容となっている。2018年以降、日本が世界で存在感を取り戻すために欠かせないであろうAIに対して、どのように取り組んでいけばいいのか示唆も読み取れる記事となっている。

3:AIは人間の仕事を奪うのか? 歴史が示す意外な事実

8月22日公開。AIというとよく囁かれる「人間の仕事を奪うのでは」という危機感。それに応えるかのように、オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授の『雇用の未来 コンピュータ化によって仕事は失われるのか』などを引き合いに出しながら、どういった仕事が代替されるのか、全ての仕事が代替されるのか、を考察した記事となっている。

 

いかがだっただろうか。冒頭でも触れたとおり、各社から製品やサービスがリリースされ、AIの応用領域はますます広がり続けている。2018年はAIを用いた製品・サービスが1つでも多く日本から登場することを期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。