IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.28

2017年を振り返る「AI」関連記事3選
AIに仕事を奪われる日は来るのか

BY

2016年にGoogleやAppleなど大手テクノロジー企業から始まったAIを利用する製品やサービスは、2017年には中小含めた様々な企業からリリースされ、いよいよAIの利活用が本格的に始まろうとしていることが感じられるようになってきた。

来年に向けて各分野でますます普及が進むと考えられるAIだが、IoT Todayでも度々、取り上げてきた。今回は2017年公開した記事の中でも反響の大きかった記事を紹介したいと思う。

なお、AIスピーカーは別の記事に譲るとして、ここでは他領域で用いられているAIの記事を取り上げたい。

1:自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」

3月17日公開。2017年1月に米ラスベガスで開催されたCES(家電見本市)の主役が、これまでのウェアラブル/スマートフォンからAI/自動運転に代わったことから、今後の製造業のあり方を考察した記事。CESの基調講演をGPUメーカーの雄であるNVIDIAが務めた背景などを読み解けるような記事になっている。

2:AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機

7月10日公開。総務省などの調査データを基に、20世紀では「ものづくり大国」と呼ばれていた日本がAI分野ではなぜ、欧米に比べて出遅れているのかを考察した記事。そこには日本の独特の企業文化が影響していることを伺い知れる内容となっている。2018年以降、日本が世界で存在感を取り戻すために欠かせないであろうAIに対して、どのように取り組んでいけばいいのか示唆も読み取れる記事となっている。

3:AIは人間の仕事を奪うのか? 歴史が示す意外な事実

8月22日公開。AIというとよく囁かれる「人間の仕事を奪うのでは」という危機感。それに応えるかのように、オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授の『雇用の未来 コンピュータ化によって仕事は失われるのか』などを引き合いに出しながら、どういった仕事が代替されるのか、全ての仕事が代替されるのか、を考察した記事となっている。

 

いかがだっただろうか。冒頭でも触れたとおり、各社から製品やサービスがリリースされ、AIの応用領域はますます広がり続けている。2018年はAIを用いた製品・サービスが1つでも多く日本から登場することを期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス
KDDI、キッザニアで5G/IoTが普及した未来の職業体験を提供
IoTハッキングの危険な実情を実例から解説~SIOTPスキルアップセミナー第1回から~
チャットワークがIFTTTに対応し、600以上のサービスと連携へ
Azure MLに「自動化された機械学習」が登場
スプレッドとNTT西日本、AIやIoTを用いた共同実験を植物工場で実施
なぜPoCは失敗するのか? 「つながる町工場」3社の事例にみる成功の条件

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。