IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.15

AR空間に残したメモで情報共有。ノウハウの伝授にも
エム・ソフトがARコミュニケーションアプリ「STag」を開発

この度、10年以上にわたりAR開発を行なってきたエム・ソフトが新しいARコミュニケーションアプリ「STag」を発表した。STagを起動すると3Dスキャンで空間を把握し、空間上のどこにでも自由にメモを残すことができ、残したメモは他のユーザーにも共有することで、空間に紐づいた情報伝達やコミュニケーションが可能となる。

Stagの特徴は以下の通りだ。

■空間を3Dスキャンし、メモを残すことができる
残したメモは空間ごと記憶しているため、同じ場所であれば、何度でもメモを確認できる

■残したメモを他のユーザーと共有できる
スマートフォンやタブレットなど、クラウド連携ができた端末同士であれば、どの端末でも同じ位置でメモを確認できる

■3Dデータ確認
今いる場所をスキャンして、立体的に空間を測位できる。スキャンした空間データは、3Dメッシュデータとして空間を俯瞰したり、自由にアングルを変えてメモ位置を立体的に確認できる

■360度カメラ連携
RICOH THETAとの連携により、アプリから360度写真を撮影することができる。撮影した360度写真には、メモが反映されるため、現地を訪れなくてもメモの位置を確認することが可能となる(現在開発中)

■クラウド連携
テキストや写真などの保存には、エム・ソフトが提供しているクラウドサービス「ちょこっとCLOUD」をはじめ、外部データベースとの連携などのユーザーの環境に合わせたカスタマイズができる

例えばメンテナンスなどの業務では、点検個所に直接点検ポイントを詳しくメモできる。ベテラン作業者があらかじめ点検個所やその点検ポイントをメモに残しておくことで、その後に担当となったビギナーの作業者でも「STag」を使えばベテラン作業者の残した情報を同じ場所で確認することができるようになる。

これにより、ビギナーの作業者は点検個所の見落としなくベテラン作業者と同等の作業を確実に行うことができるようになる。また、点検記録の入力も行うことができるため、建築・建設・住宅・工事・メンテナンスといった様々な産業分野への展開も期待できる。

他にも観光地でこのアプリを起動し、スマートフォンをかざせば観光情報を取得できるというような使い方も想像できる。今回紹介したSTagのように、様々なシーンでバーチャルとリアルの融合によるコミュニケーション手段が広がっていきそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。