IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.15

AR空間に残したメモで情報共有。ノウハウの伝授にも
エム・ソフトがARコミュニケーションアプリ「STag」を開発

この度、10年以上にわたりAR開発を行なってきたエム・ソフトが新しいARコミュニケーションアプリ「STag」を発表した。STagを起動すると3Dスキャンで空間を把握し、空間上のどこにでも自由にメモを残すことができ、残したメモは他のユーザーにも共有することで、空間に紐づいた情報伝達やコミュニケーションが可能となる。

Stagの特徴は以下の通りだ。

■空間を3Dスキャンし、メモを残すことができる
残したメモは空間ごと記憶しているため、同じ場所であれば、何度でもメモを確認できる

■残したメモを他のユーザーと共有できる
スマートフォンやタブレットなど、クラウド連携ができた端末同士であれば、どの端末でも同じ位置でメモを確認できる

■3Dデータ確認
今いる場所をスキャンして、立体的に空間を測位できる。スキャンした空間データは、3Dメッシュデータとして空間を俯瞰したり、自由にアングルを変えてメモ位置を立体的に確認できる

■360度カメラ連携
RICOH THETAとの連携により、アプリから360度写真を撮影することができる。撮影した360度写真には、メモが反映されるため、現地を訪れなくてもメモの位置を確認することが可能となる(現在開発中)

■クラウド連携
テキストや写真などの保存には、エム・ソフトが提供しているクラウドサービス「ちょこっとCLOUD」をはじめ、外部データベースとの連携などのユーザーの環境に合わせたカスタマイズができる

例えばメンテナンスなどの業務では、点検個所に直接点検ポイントを詳しくメモできる。ベテラン作業者があらかじめ点検個所やその点検ポイントをメモに残しておくことで、その後に担当となったビギナーの作業者でも「STag」を使えばベテラン作業者の残した情報を同じ場所で確認することができるようになる。

これにより、ビギナーの作業者は点検個所の見落としなくベテラン作業者と同等の作業を確実に行うことができるようになる。また、点検記録の入力も行うことができるため、建築・建設・住宅・工事・メンテナンスといった様々な産業分野への展開も期待できる。

他にも観光地でこのアプリを起動し、スマートフォンをかざせば観光情報を取得できるというような使い方も想像できる。今回紹介したSTagのように、様々なシーンでバーチャルとリアルの融合によるコミュニケーション手段が広がっていきそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

こんなモノも?セルラー通信搭載で便利に使える36のIoTプロダクトが集結!
富士フイルム、内視鏡予知保全サービスのインフラ基盤にAzureを採用
空調管理が捗りすぎる! エアコンをアプリや音声でコントロールできちゃうIoT化デバイス「SENSIBO Sky」を使ってみた
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、ドローンを使った鉄塔点検やインフラ監視サービスを提供
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、人口の動態データを提供へ、スマホの位置情報を利用
X Infinity、IoTとモバイルアプリでコインパーキングの価値転換を図る「ParkX」を発表——駐車は管理される時代から、感謝・評価する時代へ
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第16回)周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」【ネット新技術】
UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。