IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.11.30

巨額の資金を調達したハコ型ロボットが今度はコンシェルジュに
PLEN Cubeを用いたマンション・宿泊施設向けAIコンシェルジュ・サービス

BY

音声コミュニケーションだけでは不可能な機能を実現

11月27日、PLEN RoboticsとMXモバイルリングは、PLEN Roboticsのパーソナル・アシスタント・ロボット「PLEN Cube」を使ったマンション及び宿泊施設向けにAIコンシェルジュ・サービスの開発・販売で提携すると発表した。

PLEN Cubeは2017年2月に米国クラウドファンディング「Kickstarter」にて、わずか3日間で$50,000を達成したハコ型ロボット。日本では「Makuake」でクラウドファンディングプロジェクトが展開され、目標の162%でSuccessした。

PLEN Cubeは、こちらの記事で紹介したように一辺が約7.5cmの立方体で、手のひらに乗る小型サイズのロボット。カメラ、スピーカー、マイクのほか、フェイストラッキング、音声認識などのテクノロジーも搭載。ユーザーは声で操作をすることで、カメラ、IoTリモコン、インターネット・コミュニケーターとして利用できる。2018年6月に販売開始を予定している。

今回発表された提携の焦点となっている「AIコンシェルジュ・サービス」とは、このPLEN Cubeを用いて、マンションの共有部や宿泊施設のロビーなどの共有スペース、あるいはマンションの専有部、宿泊施設の客室などで稼働することを想定。ユーザー(入居者や利用者)に対してAIを活用した音声対話及びロボットの動きで問い合わせに対応し、さらにディスプレイ(オプション連携)による情報を表示したり、家電やIoTデバイスの制御を行なったりできるというもの。ユーザーに対する対応は、チャット・ボットおよびナレッジデータベースの活用で効率良く満足度の高い運用を実現するという。

従来の据え置き型のコンシェルジュ・サービスと異なるのは、動きを持ったPLEN Cubeというロボットを利用すること。音声対話だけでない豊かなコミュニケーションを実現できたり、360度旋回可能なカメラにより監視・見守りが実現できるなど、これまでにないサービスを提供可能だとしている。

今回の提携内容としては、丸紅の子会社で携帯電話販売を行なってきたMXモバイルリング
がPLEN Roboticsの協力のもと、AIコンシェルジュ・サービスを開発し、マンション及び宿泊施設向けにPLEN Cubeの販売、AIコンシェルジュ・サービスの展開を行なっていくというもの。

現在、Amazon Echoをはじめとしたスマートスピーカーが話題となっているなか、音声コミュニケーションだけでなく、動きを持ったロボットと連携するAIコンシェルジュ・サービス。スマートスピーカーとどういった差別化を図っていくのか、注目したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。