IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.11.24

保有率1.1%? スマートスピーカー、大多数の本音とは
マクロミルがスマートスピーカーに関する調査結果を発表した

BY

LINEの「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」、そしてAmazonの「Amazon Echo」。日本でも次々に発売開始となり、にわかに盛り上がるスマートスピーカー市場。「ユーキャン新語・流行語大賞2017」にも「AIスピーカー」がノミネートされている。

IoT Todayでも度々取り上げてきたスマートスピーカーだが、実際のところ世間一般にはどう受け止められているのだろうか。マクロミルが11月21日(火)に発表した調査結果をもとに、世間の温度感について見ていこう。

10月27日(金)~29日(日)にかけて全国の20~59歳の男女1000人を対象に行なわれた前出の調査によれば、日本においてスマートスピーカーが「絶対に流行る」と考えているのは2.6%。「流行りそう」の37.3%と合わせると39.9%が「流行る」と回答していることになる。一方で最も多かった回答は「あまり流行らなさそう」で52.7%。「絶対に流行らない」は7.4%という結果となった。各人の予測はどういった根拠のもとに行なわれているのだろうか。推測するため、次いで認知状況を見てみよう。

 

スマートスピーカーの流行予想・画像はプレスリリースより引用

スマートスピーカーの認知状況を見ると、「すでに保有している」のはわずか1.1%。「どのような製品か知っている」は21.9%で、「名前は聞いたことがある」のは38.7%。合計すると61.7%の認知率となった。
 

スマートスピーカーの認知状況・画像はプレスリリースより引用

先陣を切ったClova WAVEの正式発売日が10月5日(木)であり、そこから一ヵ月経たない中で行なわれた調査であることを考えると、認知度自体は高いのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]
日立、「地域IoT連携クラウドサービス」を自治体向けに販売開始
産業用IoTソフトウェアプラットフォームのリーダー企業とその強みとは--Forrester
Google Cloud PlatformがEdge TPUとClout IoT Edgeをリリース
アライドテレシス、IoT対応を見据えたネットワーク統合管理製品「AMF Cloud」
ものづくりのポテンシャルとIoTの可能性が未来を拓く! 8/23「北九州でIoT」東京説明会(TeNKYU&採択チーム講演)
日本のものづくり最前線、「研究開発型」町工場の躍進の秘訣を探る -由紀精密社長 大坪正人氏インタビュー
アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。