IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.11.24

保有率1.1%? スマートスピーカー、大多数の本音とは
マクロミルがスマートスピーカーに関する調査結果を発表した

BY

LINEの「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」、そしてAmazonの「Amazon Echo」。日本でも次々に発売開始となり、にわかに盛り上がるスマートスピーカー市場。「ユーキャン新語・流行語大賞2017」にも「AIスピーカー」がノミネートされている。

IoT Todayでも度々取り上げてきたスマートスピーカーだが、実際のところ世間一般にはどう受け止められているのだろうか。マクロミルが11月21日(火)に発表した調査結果をもとに、世間の温度感について見ていこう。

10月27日(金)~29日(日)にかけて全国の20~59歳の男女1000人を対象に行なわれた前出の調査によれば、日本においてスマートスピーカーが「絶対に流行る」と考えているのは2.6%。「流行りそう」の37.3%と合わせると39.9%が「流行る」と回答していることになる。一方で最も多かった回答は「あまり流行らなさそう」で52.7%。「絶対に流行らない」は7.4%という結果となった。各人の予測はどういった根拠のもとに行なわれているのだろうか。推測するため、次いで認知状況を見てみよう。

 

スマートスピーカーの流行予想・画像はプレスリリースより引用

スマートスピーカーの認知状況を見ると、「すでに保有している」のはわずか1.1%。「どのような製品か知っている」は21.9%で、「名前は聞いたことがある」のは38.7%。合計すると61.7%の認知率となった。
 

スマートスピーカーの認知状況・画像はプレスリリースより引用

先陣を切ったClova WAVEの正式発売日が10月5日(木)であり、そこから一ヵ月経たない中で行なわれた調査であることを考えると、認知度自体は高いのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ユビキタスAIコーポレーションと凸版印刷、IoT機器のライフサイクルマネジメントを中核とした「Edge Trust」を2019年3月提供
EDAプラットフォームに備わるセキュリティ確保の仕組み | IT Leaders
なぜ「変革が必須」の小売で、デジタル対応“した”店舗が逆に苦しむのか
今なお人気の「Arduino」、IoT時代の到来で
IoTやAIが浸透したデジタル社会の取り組みを披露--NECの新野社長が基調講演
Gartner、2018~2023年の戦略的IoTテクノロジートレンドのトップ10を発表
携帯基地局に「カメラ」設置 ソフトバンクが法人向け新サービス
水中環境を計測できるIoTルアー「スマートルアーα」
and factory、IoT学生寮をプロデュース--騒音など共同生活の課題をIoTで解決
IoTやLPWAで益田市をスマートシティのテストベッドに--構想を推進する協議会が発足
西菱電機、屋内位置情報ソリューション「オフィスIoT」を提供開始
パナソニック執行役員「すべての電動アシスト自転車をIoT対応したい」
ソフトバンクも「共創」へ、IoTに本腰
パナソニック、中国・モバイク社とIoT電動アシスト自転車で協業検討開始
AIベンチャーが医療分野で協業 【iNTERNET magazine Reboot】
Maxim、新たな産業用IoTプラットフォームを発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。