IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.11.24

保有率1.1%? スマートスピーカー、大多数の本音とは
マクロミルがスマートスピーカーに関する調査結果を発表した

BY

LINEの「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」、そしてAmazonの「Amazon Echo」。日本でも次々に発売開始となり、にわかに盛り上がるスマートスピーカー市場。「ユーキャン新語・流行語大賞2017」にも「AIスピーカー」がノミネートされている。

IoT Todayでも度々取り上げてきたスマートスピーカーだが、実際のところ世間一般にはどう受け止められているのだろうか。マクロミルが11月21日(火)に発表した調査結果をもとに、世間の温度感について見ていこう。

10月27日(金)~29日(日)にかけて全国の20~59歳の男女1000人を対象に行なわれた前出の調査によれば、日本においてスマートスピーカーが「絶対に流行る」と考えているのは2.6%。「流行りそう」の37.3%と合わせると39.9%が「流行る」と回答していることになる。一方で最も多かった回答は「あまり流行らなさそう」で52.7%。「絶対に流行らない」は7.4%という結果となった。各人の予測はどういった根拠のもとに行なわれているのだろうか。推測するため、次いで認知状況を見てみよう。

 

スマートスピーカーの流行予想・画像はプレスリリースより引用

スマートスピーカーの認知状況を見ると、「すでに保有している」のはわずか1.1%。「どのような製品か知っている」は21.9%で、「名前は聞いたことがある」のは38.7%。合計すると61.7%の認知率となった。
 

スマートスピーカーの認知状況・画像はプレスリリースより引用

先陣を切ったClova WAVEの正式発売日が10月5日(木)であり、そこから一ヵ月経たない中で行なわれた調査であることを考えると、認知度自体は高いのではないだろうか。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「日本発の海中光LAN」で世界をリード、JEITAが新産業を支援する「共創プログラム」とは? 
ドア全体が巨大な液晶に 未来の扉「未来ドア UPDATE GATE」
ドローンをあらゆる角度からセキュアに、「ドローンセキュリティガイド」の意義
CEC、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を提供開始
セールスワン、IoT/RFIDと連携した点検管理ソリューション「StampFlow」を提供開始
OKIが考える「高度IoT社会」とは――常務執行役員・坪井氏が講演
多様なIoT無線をサポートするアドバンテックの「M2.COM」
de:code 2018の基調講演で披露された「Visual Studio」「Visual Studio Code」の新機能
SAPジャパン、業種別・テクノロジー別のSAP Leonardoアクセラレーターパッケージを国内で本格提供開始
企業IT
広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。