IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.10

Amazon Echo登場、変わるスマートスピーカー勢力図
世界シェア1位、Amazon Echoがいよいよ日本に上陸する

BY

11月8日(水)、Amazon.co.jpはAIアシスタント「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」、「Echo Plus」、「Echo Dot」を日本国内で展開することを発表した。同日より、Amazonプライム会員を対象に招待制での予約販売受付が開始されており、11月13日(月)週より出荷が開始される予定だ。
かねてより日本発売が待ち望まれていた「Echo」シリーズ。それぞれの価格は以下の通りだ。

・Amazon Echo:11,980円(税込)
・Echo Plus:17,980円(税込)
・Echo Dot:5,980円(税込)

Amazon Echoは3種の中で最もオーソドックスなスマートスピーカー。遠隔音声認識技術により、部屋の様々なところから話しかけてもきちんと反応してくれる。

Amazon Echo(画像はプレスリリースより引用)

Echo PlusはEchoが持つ機能に加えて、スマートホームハブを内蔵している。対応のスマートホームデバイスを持っていれば、Echo Plusを通して音声での操作が可能となるのだ。

Echo Plus(画像はプレスリリースより引用)

コンパクトな見た目で価格も手ごろなEcho Dotでも、Amazon Echoでできることは一通りできる。主に異なるのはスピーカーのパワー面だ。音質にこだわるのなら上位機種を用いるか、Echo Dotに外部スピーカーを繋げるのが良さそうだ。

Echo Dot(画像はプレスリリースより引用)

また8日(水)より音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の提供も開始されている。月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で4000万曲以上の楽曲が聴き放題になる同サービスは、もちろんEchoシリーズの頭脳であるAlexaにも対応している。

Amazonの音楽配信サービスというと、以前からプライム会員特典の一つである「Prime Music」があった。しかしこちらの配信楽曲は約100万曲と、先行するライバルスマートスピーカー対応の配信サービスに比べ、楽曲数の上で大きくリードを許していたという事情がある。
だが、Amazon Music Unlimitedの4000万曲というのは、Googleの「Google Play Music」やLINEの「LINE MUSIC」、世界最大手の「Spotify」に並ぶ楽曲数(いずれも約4000万曲)だ。

それぞれのサービスで配信中の楽曲やアーティストが完全に一致しているわけではないため、単純に曲数だけで音楽配信サービスを評価・判断することはできない。しかし、約100万曲から約4000万曲の差は大きい。主にスマートスピーカーで音楽を聴きたい、と考えているユーザーにとっても、Echoシリーズは魅力的な選択肢となっただろう。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

3社共同で製造業向けIoTサービスを実現--THK、ドコモ、シスコ
ソフトバンクC&Sが中国Tuyaと提携、最短15日で家電をIoT化
第一人者たちが語る「対話AI」のビジネスと未来像とは
日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。