IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.10

Amazon Echo登場、変わるスマートスピーカー勢力図
世界シェア1位、Amazon Echoがいよいよ日本に上陸する

BY

11月8日(水)、Amazon.co.jpはAIアシスタント「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」、「Echo Plus」、「Echo Dot」を日本国内で展開することを発表した。同日より、Amazonプライム会員を対象に招待制での予約販売受付が開始されており、11月13日(月)週より出荷が開始される予定だ。
かねてより日本発売が待ち望まれていた「Echo」シリーズ。それぞれの価格は以下の通りだ。

・Amazon Echo:11,980円(税込)
・Echo Plus:17,980円(税込)
・Echo Dot:5,980円(税込)

Amazon Echoは3種の中で最もオーソドックスなスマートスピーカー。遠隔音声認識技術により、部屋の様々なところから話しかけてもきちんと反応してくれる。

Amazon Echo(画像はプレスリリースより引用)

Echo PlusはEchoが持つ機能に加えて、スマートホームハブを内蔵している。対応のスマートホームデバイスを持っていれば、Echo Plusを通して音声での操作が可能となるのだ。

Echo Plus(画像はプレスリリースより引用)

コンパクトな見た目で価格も手ごろなEcho Dotでも、Amazon Echoでできることは一通りできる。主に異なるのはスピーカーのパワー面だ。音質にこだわるのなら上位機種を用いるか、Echo Dotに外部スピーカーを繋げるのが良さそうだ。

Echo Dot(画像はプレスリリースより引用)

また8日(水)より音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の提供も開始されている。月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で4000万曲以上の楽曲が聴き放題になる同サービスは、もちろんEchoシリーズの頭脳であるAlexaにも対応している。

Amazonの音楽配信サービスというと、以前からプライム会員特典の一つである「Prime Music」があった。しかしこちらの配信楽曲は約100万曲と、先行するライバルスマートスピーカー対応の配信サービスに比べ、楽曲数の上で大きくリードを許していたという事情がある。
だが、Amazon Music Unlimitedの4000万曲というのは、Googleの「Google Play Music」やLINEの「LINE MUSIC」、世界最大手の「Spotify」に並ぶ楽曲数(いずれも約4000万曲)だ。

それぞれのサービスで配信中の楽曲やアーティストが完全に一致しているわけではないため、単純に曲数だけで音楽配信サービスを評価・判断することはできない。しかし、約100万曲から約4000万曲の差は大きい。主にスマートスピーカーで音楽を聴きたい、と考えているユーザーにとっても、Echoシリーズは魅力的な選択肢となっただろう。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。