IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.03

ソニーのペットロボット「aibo」、12年ぶりに復活
一世を風靡した犬型ロボット、進化した技術を詰め込んで再登場

BY

気になる月々の「餌代」や「医療費」は

さらに本体発売日の2018年1月11日(木)には、専用のスマートフォンアプリケーションや周辺アクセサリーのリリースも予定されている。

専用アプリケーションの「My aibo」では、本体設定やオーナー情報へのアクセスといった基本機能に加えて、撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」やアプリケーション上のアイボとふれあえる「aiboとあそぶ」、アイボのふるまいを追加できる「aiboストア」などが利用できるとのこと。

専用アクセサリーの「アイボーン」は骨型のおもちゃ。実際の子犬が使うおもちゃのように、アイボに与えて遊ばせるためのものだろう。

「アイボーン」。画像はプレスリリースより引用

それから、アイボを使用するには「アイボベーシックプラン」への加入が必須となる。月額にすると最大で毎月2,980円(税抜き)かかるため、この辺りも賛否が分かれそうだ。ベーシックプランに加入することではじめて、前述のAIや専用アプリなども含めたアイボの全ての機能を使用できるようになるとのこと。さらに、故障や事故などで修理が不可能な場合でも、クラウドにバックアップされたデータを新しいアイボに復元するサービスが提供される予定だ。もしもの時のことを考えると、大半のユーザーが利用したいサービスだろう。

12年前とは違いクラウドサービスが当たり前になった今、ペットロボットも常時通信することで、生物のように継続的な成長が可能となったのだ。

一方、不具合や故障が発生した際に修理代が割引となる「aiboケアサポート」への加入は任意。こちらは月額にすると最大1,667円(税抜き)。加入していると修理代(診察費、パーツ代、破損・消耗部品交換)と「健康診断」代が半額になる(いずれも送料・消費税別)。「餌代」や「医療費」として安いとみるか高いとみるか、こちらも意見が割れそうなところだ。

画像はプレスリリースより引用

ハード的にもソフト的にも、前モデルから大幅に進化したアイボ。ソニーがペットロボット市場を切り開き、牽引していた頃の貫禄を示すことができるのか。注目が集まる。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

Sigfoxブースはスポーツバイクの盗難防止や落石管理など事例満載
KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
IBM、Oniqua Holdingsを買収--産業用IoTなど強化へ
DX活用で働き方改革・第2幕へ――ビデオ、AI/IoTをオフィスに埋め込む
KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。