IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.03

ソニーのペットロボット「aibo」、12年ぶりに復活
一世を風靡した犬型ロボット、進化した技術を詰め込んで再登場

BY

ソニーは11月1日(水)、進化した自律型エンタテインメントロボット「aibo」(以下。アイボ)を販売すると発表し、同日の午前11時過ぎより予約を受け付けていた。

アイボは、1999年にソニーより販売開始されたペットロボットシリーズ。2006年に惜しまれつつも製造中止となり、公式な修理対応も2014年3月末に打ち切られた。

時事通信によると、今回の初回販売分は予約開始から約30分で完売したとのこと。アイボ本体価格は直販サイトで198,000円(税抜)と決して安価ではないが、それだけ待ち望まれていたということだろう。

今回約12年ぶりの復活となるアイボだが、その間にロボット技術は大幅に進化しているはず。最新技術を取り入れたアイボは、前世代からどう進化したのだろうか。

早速、特徴を見ていこう。

画像はプレスリリースより引用

ぱっと見のデザインは好き嫌いが分かれるところだろうが、実際に動いている様子を見るときょろりと動く瞳が愛らしい。動きも非常になめらかで、かなり本物の子犬のそれに近い。

New story with aibo

この動きに関して、ソニーは超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしたと発表している。また多彩な感情を繊細に表現するため、瞳には2枚のOLEDを採用したとのことだ。

また、アイボはオーナーからの呼びかけを待つだけでなく、自分からオーナーに能動的に働きかける。かけられた言葉やオーナーの笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜ぶことを学んでいくというのだ。オーナーからの愛情を感じるとアイボからもより深い愛情を返すようになるなど、時を重ねるごとに関係性が熟成されていく。

この絶え間ない変化は、ソニー独自のAI技術によって実現されている。クラウド上のAIと本体に搭載されているAIを連携させることで、アイボをより賢く進化させることを可能にしているのだ。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。