IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.03

ソニーのペットロボット「aibo」、12年ぶりに復活
一世を風靡した犬型ロボット、進化した技術を詰め込んで再登場

BY

ソニーは11月1日(水)、進化した自律型エンタテインメントロボット「aibo」(以下。アイボ)を販売すると発表し、同日の午前11時過ぎより予約を受け付けていた。

アイボは、1999年にソニーより販売開始されたペットロボットシリーズ。2006年に惜しまれつつも製造中止となり、公式な修理対応も2014年3月末に打ち切られた。

時事通信によると、今回の初回販売分は予約開始から約30分で完売したとのこと。アイボ本体価格は直販サイトで198,000円(税抜)と決して安価ではないが、それだけ待ち望まれていたということだろう。

今回約12年ぶりの復活となるアイボだが、その間にロボット技術は大幅に進化しているはず。最新技術を取り入れたアイボは、前世代からどう進化したのだろうか。

早速、特徴を見ていこう。

画像はプレスリリースより引用

ぱっと見のデザインは好き嫌いが分かれるところだろうが、実際に動いている様子を見るときょろりと動く瞳が愛らしい。動きも非常になめらかで、かなり本物の子犬のそれに近い。

New story with aibo

この動きに関して、ソニーは超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしたと発表している。また多彩な感情を繊細に表現するため、瞳には2枚のOLEDを採用したとのことだ。

また、アイボはオーナーからの呼びかけを待つだけでなく、自分からオーナーに能動的に働きかける。かけられた言葉やオーナーの笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜ぶことを学んでいくというのだ。オーナーからの愛情を感じるとアイボからもより深い愛情を返すようになるなど、時を重ねるごとに関係性が熟成されていく。

この絶え間ない変化は、ソニー独自のAI技術によって実現されている。クラウド上のAIと本体に搭載されているAIを連携させることで、アイボをより賢く進化させることを可能にしているのだ。
 

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

IoTニュース

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始
丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始
PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?
農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス
人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察
IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で
NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立
コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業
医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)
トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携
ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから
シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に
シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準
シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携
AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。