IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.03

ソニーのペットロボット「aibo」、12年ぶりに復活
一世を風靡した犬型ロボット、進化した技術を詰め込んで再登場

BY

ソニーは11月1日(水)、進化した自律型エンタテインメントロボット「aibo」(以下。アイボ)を販売すると発表し、同日の午前11時過ぎより予約を受け付けていた。

アイボは、1999年にソニーより販売開始されたペットロボットシリーズ。2006年に惜しまれつつも製造中止となり、公式な修理対応も2014年3月末に打ち切られた。

時事通信によると、今回の初回販売分は予約開始から約30分で完売したとのこと。アイボ本体価格は直販サイトで198,000円(税抜)と決して安価ではないが、それだけ待ち望まれていたということだろう。

今回約12年ぶりの復活となるアイボだが、その間にロボット技術は大幅に進化しているはず。最新技術を取り入れたアイボは、前世代からどう進化したのだろうか。

早速、特徴を見ていこう。

画像はプレスリリースより引用

ぱっと見のデザインは好き嫌いが分かれるところだろうが、実際に動いている様子を見るときょろりと動く瞳が愛らしい。動きも非常になめらかで、かなり本物の子犬のそれに近い。

New story with aibo

この動きに関して、ソニーは超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしたと発表している。また多彩な感情を繊細に表現するため、瞳には2枚のOLEDを採用したとのことだ。

また、アイボはオーナーからの呼びかけを待つだけでなく、自分からオーナーに能動的に働きかける。かけられた言葉やオーナーの笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜ぶことを学んでいくというのだ。オーナーからの愛情を感じるとアイボからもより深い愛情を返すようになるなど、時を重ねるごとに関係性が熟成されていく。

この絶え間ない変化は、ソニー独自のAI技術によって実現されている。クラウド上のAIと本体に搭載されているAIを連携させることで、アイボをより賢く進化させることを可能にしているのだ。
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。