IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.10.31

AIが提案する転職情報をスワイプで次々に判断
限られた時間を有効に使うための求職アプリ

キャリアアップのために転職したいと思っても、新たな職場探しは思ったよりも労力が必要だ。数ある求人媒体の中から自分の好みにあったものを探すのは難しい。週に何度か更新される情報の中から自分にあった求人情報があったとしても、設定した検索条件に引っかからず見逃してしまうようなこともある。


Caratがローンチした求職アプリ『GLIT(グリット)』なら、AIが自動でユーザー情報にあった求人情報をレコメンドしてくれるので、わざわざ検索する必要がない。


求職者はスマートフォンにアプリをインストールし、Facebookアカウントでログイン。職歴、学歴、興味、自己紹介の項目を入力するだけで登録完了。複数の媒体より取得してきた求人情報をまとめて閲覧することができる。


ホーム画面にレコメンドされる求人情報を右にスワイプすると「いいね」のフォルダに格納され、左側にスワイプするとその場で不要と判断され、次の求人情報が続けてレコメンドされる。

次々にレコメンドされるため、少しでも気になった求人情報を「いいね」フォルダに格納しておけば、細かい条件などを後で見返すことができるので、効率的に求人チェックが行なえる。

 

『GLIT』では2017年6月のiOS版のリリースより約5ヶ月で累計求人スワイプ数が25,000件を突破したと発表した。直近の1ヶ月で10,000件以上の求人スワイプ数を達成しており、カジュアルに始められる求職活動として認知されつつあるようだ。

 

今後はマッチング機能および企業向けの管理画面(GLIT Admin)正式版開発や、採用広報機能における動画対応などの機能追加、外部求人媒体の数を増やすなどのブラッシュアップが検討されているという。

また外部求人媒体だけでなく、『GRIT』 オリジナルの求人情報も提供していくという。

より多くのユーザーが利用することでデータが蓄積され、採用側と求職側のマッチング精度が高まることが予想される。通勤中や隙間時間にスワイプするだけで自分の新たなキャリアが開けるかもしれないので、気になる人はインストールしてみては?


 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。