IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.10.29

デジタルアートの世界的フェスティバルが東京で開催
エレクトロニックミュージックとメディアアートを融合した作品が勢揃い

BY

※冒頭の画像は2017年8月に行なわれたカナダ・モントリオールでの様子

視覚と聴覚で楽しむデジタルアートの祭典

クレヨンなどで描いた魚の絵が画面内を泳ぐ「お絵かき水族館」などを手がけるチームラボ、テクノポップユニットPerfumeのライブ演出などを手がけるライゾマティクスなど、アーティスト集団が手がけるメディアアートやインタラクティブアートと呼ばれる作品が近年人気を集めている。

一方で、音楽領域ではテクノポップなどと呼ばれるジャンルが存在し、人気ジャンルとしてファンを集めていた。

そして、その両者が融合する一大フェスティバル「MUTEK.JP 2017」が11月初旬に東京・お台場で開催されることとなった。2000年にカナダ・モントリオールでスタートした「MUTEK」の日本版で、昨年に続き2回目の開催となる。前回は初開催にも関わらず、会期3日間で延べ3,000人が集まったという人気イベントだ。

「MUTEK」はデジタル・クリェイティビティや電子音楽、オーディオ・ビジュアルアートの創造性の開発、文化芸術活動の普及を目的としているという。国際的なフェスティバルとして認知されており、発祥のモントリオールのほか、メキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレスなど世界中の都市でも開催されるようになっている。

昨年に初めて行われた「MUTEK.JP」は、新たな試みとして教育プログラムのストリーミング配信を実施。2万人以上が視聴した。他にも多種多様なプログラムが用意され、集った人々がインタラクティブにつながる場を創出した。

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。