IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.13

経産省・IoT推進ラボによる「IoT Lab Selection」受賞者発表
官民一体で進めるIoTプロジェクト支援施策

BY

日本の優れたIoTプロジェクトを発掘せよ

10月5日(木)、CEATEC JAPAN開催中の幕張メッセにおいて、経済産業省及びIoT推進ラボが「IoT Lab Selection」を開催し、グランプリ・準グランプリを選定・表彰した。

IoT推進ラボとは、先進的なIoTプロジェクトに対して、企業連携や資金支援、そして規制改革への働きかけといったバックアップを行なうことを目的に設立された組織だ。

そのIoT推進ラボが経済産業省と共に実施しているのが「IoT Lab Selection」。この活動を通して発掘された優れたIoTプロジェクトに対し、資金支援やメンターによる伴走支援、さらには規制改革や標準といった支援を行なうことを目的としている。政府関係機関や金融機関、ベンチャーキャピタルなどと連携していることから、強力なバックアップが期待できる注目の取り組みだ。

これまでに3回開催されており、第4回となる今回は、初めてCEATECに併催される形で実施された。今回のテーマは「ものづくり」。以下の課題が設定され、これらを解決するIoTプロジェクトが募集された。

テーマ:「ものづくり」-Connected Industries-

・課題1:顧客ニーズの多様化、グローバルな経済情勢の変動、災害やトラブルなどのアクシデントでも最適な経済活動を継続できる「強靭なサプライチェーン」の実現
・課題2:「もの」を売るだけの製造業からの脱却
・課題3:ヒトの勘や経験がAI・IoTと融合し、新たな素材や製品を生み出す

事前審査を通過したファイナリスト5者による最終プレゼンが行われ、グランプリと凖グランプリが選出された。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

こんなモノも?セルラー通信搭載で便利に使える36のIoTプロダクトが集結!
富士フイルム、内視鏡予知保全サービスのインフラ基盤にAzureを採用
空調管理が捗りすぎる! エアコンをアプリや音声でコントロールできちゃうIoT化デバイス「SENSIBO Sky」を使ってみた
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、ドローンを使った鉄塔点検やインフラ監視サービスを提供
シチズンが考える光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』(8/31まで)
KDDI、人口の動態データを提供へ、スマホの位置情報を利用
X Infinity、IoTとモバイルアプリでコインパーキングの価値転換を図る「ParkX」を発表——駐車は管理される時代から、感謝・評価する時代へ
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第16回)周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」【ネット新技術】
UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。