IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.11

ソラコムの新発表。自由度高まるIoT機器向けSIMの王道
IoT通信プラットフォームのソラコムが7つの新発表を行った

機器への組み込みが可能なチップ型SIMの提供を開始

チップ型SIMの提供も、HLRの独自実装により実現したことの一つだという。
あらかじめ製品や機器に組み込んでしまえるチップ型SIMに関しては、以前から製造業や流通業からのニーズが高かったとのこと。
現在ではSIMと言えばカード型が当たり前になっているが、元々は携帯電話用のSIMも組み込み式が主流だった。

従来のカード型SIMに比べてとても小さいチップ型SIM

カード型と比べた際のチップ型(組み込み型)のメリットは、容易に抜けないからこそのセキュリティ面での堅牢さ。そして物理的な振動や温度耐性といった点でも、組み込み型が勝る。特に車載器や工業製品で利用するなら、チップ型SIMの方が適しているだろう。

課題としては、機器に組み込んだ段階でプロファイルと機器が紐づいてしまうので、運用の柔軟性にかける点がある。しかし、ソラコムでは遠隔でのプロファイル情報書き込みを可能にするOTA(On The Air)機能などに対応したプラットフォームを自社で構築しているため、そうした課題にも対応の目処が立っている。

チップ型SIMはカード型(写真右)と違い左のような形で提供される。最小ロット数3000個から。

これまでは、在庫としてSIMを保有しているだけで基本料金がかかってしまうということで、導入をためらっていた層もいるだろう。そのようなユーザーにとって、今回の発表は力強い後押しになったのではないだろうか。
HLRを独自実装し、ユーザーにコントロール権を委ねることで、より柔軟な利用を可能にしたソラコム。今後も現場の声を意識したサービス拡充に期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

静岡の牧場がIoTで牛の状態管理 -センサを使って作業を効率化
土壌や生物に無害な、生物由来の「ツチニカエルでんち」――NTTの新技術 IoT用途に期待
電源・配線不要でトイレの「満室」表示するIoT、二条城で実験運用も
Keychainがブロックチェーンを活用したIoT向けセキュリティソフトを開発、8MBのメモリで稼働
IoT人気記事ランキング|製造業のデジタル化において今やるべきこと、スマートレジカートでレジ待ちなしスマートストアなど[2/12-2/18]
送迎バスの現在位置がLINEで分かる「モークル」…ドラレコIoT
大も小もIoT、建機の遠隔施工から手軽なトイレIoT化まで
IoTで運行状況を可視化 - ガソリン使用量削減に取り組むキヤノンS&S
「IoT買ってきました!」ができる簡単システム「Palette IoT」【3/22体験展示】
物流網は末端に自律分散される流れへ ―八子知礼 x 小泉耕二【放談企画 第2回】[Premium]
つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか
and factory、秋葉原にスマートスピーカ完備の“IoTホステル”--観光案内も声でお知らせ
トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。