IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.11

ソラコムの新発表。自由度高まるIoT機器向けSIMの王道
IoT通信プラットフォームのソラコムが7つの新発表を行った

機器への組み込みが可能なチップ型SIMの提供を開始

チップ型SIMの提供も、HLRの独自実装により実現したことの一つだという。
あらかじめ製品や機器に組み込んでしまえるチップ型SIMに関しては、以前から製造業や流通業からのニーズが高かったとのこと。
現在ではSIMと言えばカード型が当たり前になっているが、元々は携帯電話用のSIMも組み込み式が主流だった。

従来のカード型SIMに比べてとても小さいチップ型SIM

カード型と比べた際のチップ型(組み込み型)のメリットは、容易に抜けないからこそのセキュリティ面での堅牢さ。そして物理的な振動や温度耐性といった点でも、組み込み型が勝る。特に車載器や工業製品で利用するなら、チップ型SIMの方が適しているだろう。

課題としては、機器に組み込んだ段階でプロファイルと機器が紐づいてしまうので、運用の柔軟性にかける点がある。しかし、ソラコムでは遠隔でのプロファイル情報書き込みを可能にするOTA(On The Air)機能などに対応したプラットフォームを自社で構築しているため、そうした課題にも対応の目処が立っている。

チップ型SIMはカード型(写真右)と違い左のような形で提供される。最小ロット数3000個から。

これまでは、在庫としてSIMを保有しているだけで基本料金がかかってしまうということで、導入をためらっていた層もいるだろう。そのようなユーザーにとって、今回の発表は力強い後押しになったのではないだろうか。
HLRを独自実装し、ユーザーにコントロール権を委ねることで、より柔軟な利用を可能にしたソラコム。今後も現場の声を意識したサービス拡充に期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

CypressとSemitech、スマートシティー市場で協業
マウス、Windows 10 IoT Enterprise搭載の組み込み向け小型PC
ソラコムの年次カンファレンス、IoTスタートアップによるピッチ開催
IoT人気記事ランキング|スマートファクトリーJapan 2018 レポートなど[6/4-6/10]
日本IBMと安川電機が協業、エッジと連携するアナリティクスデータクラウド基盤を開発
シャープが目を付けたのは「猫用IoTトイレ」 ペット事業になぜ参入? 犬のバイタル計測サービスも
ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」のビーコンモデルを発表
AT&Tとノキアが協業、企業のIoTイノベーションをグローバルに支援
凸版印刷が「IoT建材」の開発に着手、横浜市内で生活モニタリングの実証実験
さくらインターネット、IoT/M2M向けSIMサービスに新機能を追加
エッジからのリアルタイムデータを価値あるサービスに変えるIoT基盤をAWSで―DeNA「タクベル」が挑む次世代オートモーティブ事業 | IT Leaders
日立とKDDI、グローバルでのIoT事業で協業
ネットワン、データ分析まで支援する製造業向けIoTソリューション
KDDI、IoTデバイスマネジメントの英Resin.ioに出資--ソラコムと事業共創
シャープ 猫オシッコを計測するAIoTシステムトイレ 7月30日発売
猫の健康管理や犬のバイタル計測、シャープがペット向けIoTを開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。