IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.10.06

リアル「ほんやくコンニャク」頂上決戦勃発?
ウェアラブル翻訳デバイスiliが2017年度グッドデザイン賞を受賞。

ログバーのウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」が10月4日(水)、「2017年度 グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことを発表した。

iliは旅行に特化した音声翻訳機。
スマートフォンに搭載されている翻訳機能などとiliが大きく違うのは、何といってもインターネットに接続する必要がない点。旅行先で通信状態が悪い場所にいる時でも、安定した動作が可能となっている。

タッチパネルもなく、物理ボタンも少ない。その上、以下の3ステップで簡単に利用することができるのも、スマートフォンと差別化されている点だ。

1.電源を入れる:本体右側のボタンを約6秒長押しすると起動する。
2.話す:LEDが緑色に点灯したら、中央のボタンを押しながら旅に関するワンフレーズを話しかける。
3.話し終わったら指を離す:話し終わったら、ひと呼吸おいて指を離す。

また、前述の通りiliは初めから「旅行」に特化した翻訳機として作られている。公式サイトでも、交渉や商談など、ビジネスでの利用シーンは想定されていない旨が明記されている。あくまでも「ワンフレーズの旅行会話」に特化することで翻訳の精度を高め、より実用的な翻訳機に仕上がっているのだ。

現在、対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語(韓国語は10月より順次対応予定)で、今後追加されていく予定とのこと。

これまでも度々話題にされていたiliだが、今回の受賞で改めて注目が集まったはずだ。シンプルな機能はそのままに、対応言語を広げていってほしい。

 

翻訳機能付きのガジェットといえば、奇しくもGoogleから「Google Pixel Buds」が発表されたばかり。こちらは会話をリアルタイムで翻訳してくれるという画期的なBluetoothイヤホンなのだが、残念ながら日本での発売は未定。

iliもGoogle Pixel Budsも一部では、食べるだけで言葉の通じない相手と話せるようになる『ドラえもん』のひみつ道具「ほんやくコンニャク」のようだと話題になった。

Google Pixel Budsは40か国語に対応しており、Google翻訳を使う以上、当然旅行以外のフレーズにも対応している。一見すると、iliの上位互換に思えてしまうが、実はそう単純な話ではない。

なぜなら、Google Pixel Budsの翻訳機能を使うにはまずPixelスマートフォンと連携させる必要があり、スタンドアローンではない。さらに旅行以外のフレーズや多数の言語に対応していることと精度の高さ、実用度の高さは別問題だろう(Google翻訳の精度が高いと思うか低いと思うかは人それぞれだろうが)。

これらを踏まえると、iliを必要とする層とGoogle Pixel Budsが良いと思う層は、単純にイコールではないだろう。

ターゲットの違う「ほんやくコンニャク」それぞれの進化と、その先にある言葉の壁がない未来を楽しみに待ちたい。

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供

試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders

NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表

DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用

経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」

マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業

ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供

試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders

NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表

DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用

経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」

マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業

ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

IoTニュース

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。