IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.04

ARライトセーバーはポケモンボールに迫れるか
ARゲーム「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」が日本でも発売される。

BY

ジェダイ・チャレンジは待ち望まれたキラーコンテンツとなるか

数年前と比べ、ARやVRという言葉は確実に一般層にまで浸透してきた。人々がヘッドマウントディスプレイを身に付け空に手を伸ばすある種「異様」な写真も、ネット記事やSNSなどで大分見慣れてきたという読者も多いだろう。だがAR、VR共に数年前と変わらず、相変わらずキラーコンテンツの登場が熱望され続けている状況だ。

本稿ではARに焦点を絞って、最近の動向を見てみよう。

ARのキラーコンテンツと聞いて、日本では昨年の7月22日(金)にリリースされた「ポケモンGO」を思い浮かべる方も多いかもしれない。だが、ポケモンGOにおけるAR機能はオン・オフを切り替えられるものであり、それ自体が肝となるコンテンツではない(もちろん、ARという単語と概念の知名度を一気に広めたという意味では充分に「キラー」コンテンツなのだろうが)。

ここで注目したいのは、ポケモンGOのヒットで分かった「コンテンツとの相性が良ければ、極限まで洗練された技術は必要ない」という事実。実際、ポケモンGOに使われている技術やゲームシステムはリリース当時でも特に目新しい物ではなかった。ポケモンというコンテンツが積み上げてきた人気や、既存の技術が上手くかみ合った結果、大ヒットにつながっているのだろう。

逆に、どんなに高度なAR技術が使われていても、どんなに認知度のあるコンテンツだとしても、現実世界との親和性が皆無だとしたら「へえ、すごいね」という一瞬の感動で終わってしまう。もしくはそのコンテンツのコアなファン層にしか響かず、AR技術の普及には関与し得ないだろう。

その点、今回スター・ウォーズシリーズというコンテンツの世界観とARの相性は抜群。
現にスター・ウォーズの熱心なファンならずとも、ライトセーバーを操れると聞いて胸躍る読者は多いだろう。
加えてホロチェス以外にも、劇中ホログラムを使用するシーンは幾度となく登場する。空中に投影された登場人物達が会議を行うシーンが印象に残っている方もいるはず。
そういったスター・ウォーズの世界を表現するには、完全に外界と遮断されるVRより、現実であるARの方と相性が良いのは言うまでもない。

もちろん、技術面を含め様々な点において、ポケモンGOのような基本無料のスマホアプリと同列で語ることはできない。だが少なくとも技術とコンテンツとの親和性という面から見ると、今回のジェダイ・チャレンジは一部の熱心なスターウォーズファン以外にも響くはずだ。価格設定も、安いとは言えないが手が届かないわけではない。
11月中旬発売ということでクリスマスには少し早いが、本格的なARの普及に一躍買ってくれるのではないだろうか。

Star Wars™: Jedi Challenges - Awaken Your Inner Jedi

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース

球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」

中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果

お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴

プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開

日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ

日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース

球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」

中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果

お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴

プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開

日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ

日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か

IoTニュース

IoTデバイスのリスクって何? アンチウイルスソフト「アバスト」が指摘するGPSトラッカーの落とし穴
プレート1枚で空中映像を実現するアスカネット、球形のスマホ用ディスプレーを公開
日野自動車とハコブが資本提携、オープンな物流情報プラットフォーム形成へ
日本発“IoT基盤”でファナックと日立の最強タッグが誕生か
IoT技適の新基準認定サービスをプレスタート、ビューローベリタスとセキュアイノベーション
エッジの先端技術を見せる、ET 2019も「ET×ET」で
IoTでイノシシを自動捕獲、KDDIが実証実験
“IoT人材”が社内にいません――人材登用に3つの条件
鍵の閉め忘れから鍵の紛失、家の監視までIoT機器におまかせする-倶楽部情報局
欧州をカバーするeSIMサービス「Stork Mobile」がドイツで活躍:週刊モバイル通信 石野純也
アルコールのセルフケアができる学習型IoTアルコールガジェット
「自分で作るホームオートメーション」、エンジニア視点で使ってみた! IoT向けのオープン技術「MQTT」「OpenHAB 2」はどういうものなのか?
リゾートで仕事と休暇を満喫 NTTコミュニケーションズ推進テレワーク
KDDI、企業向けに3つの「映像×5G」ソリューションを発表--AIカメラや3Dホログラム
イーソル、IoTに関するイベント「eSOL Technology Forum 2019」を開催
酒飲みなら試したい学習型IoTアルコール検知器「TISPY2」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。